人材派遣会社に登録するところからはじめるキャリアの作り方

良いキャリアを作るためにはキャリアマップが重要

良いキャリアを歩んでいきたい。働く人であれば誰しもが望むことではありますが、実際に理想のキャリアを築いている人というのはそれほど多くはありません。しっかりとしたキャリアマップを戦略的にたて、そこを意識して転職や就職のための活動を行っていく必要があります。もちろんキャリアマップがなくとも、運の良い人であればいつの間にか良い状態になっていた、ということもありえますが、その確率は相当に低いと言わざるを得ません。仕事で報われるために多くの人たちは努力をしている以上、確実に結果を出すためにはキャリアマップがなくとも、戦略的に自分の商品価値を意識していかないと、周囲の人たちと比べられた時にどうしても勝つことができません。勝てないということは、自分の進みたい道を歩むことができないということになります。

キャリアマップを達成するために派遣会社に登録して派遣社員になるという選択肢もある

キャリアを戦略的に考えて、転職活動や就職活動をしてみたとしても、理想の一歩を踏み出すことは簡単ではありません。自分の目指すキャリアが、難しいものであればあるほど、全くの未経験の分野で、価値を生み出した実績がない状態で、内定をもらえる確率は低くなるためです。求人を行っている企業も、できればその分野の能力を持ち、それを仕事という場で実績を積んできた人を優先して採用をしたいのが本音です。キャリアを積み上げれば、チャンスを得ることができるとしても、最初のチャンスをもらえないと、次に進むこともできません。もし、正社員での転職活動、就職活動がうまくいかなったら、ひとつの選択してとして派遣会社に登録して、派遣社員としてキャリアの一歩を作るという方法があります。当然、多くの人は正社員のほうが良いと考えていますが、企業からすると正社員における採用は採用した後に能力不足等で、管理が大変になることを考えると、リスクは大きく、他の雇用形態と比較して慎重さが増す傾向にあります。それに対して派遣社員は、契約期間というものが存在し、また、雇用契約の調整などを、派遣会社を通して行うことができるため、管理する労力、リスクが少ないため、正社員と比較すると採用基準が低い傾向にあります。それを利用して、正社員からでは難しいキャリアを積み重ねる第一歩を踏み出せる可能性が高まるわけです。

派遣でキャリアを作るためには派遣会社と求人をしっかり選ぶことが重要

もちろん課題もあります。それは派遣求人を見ているだけではわからない、仕事をする現場、実態の部分です。派遣会社の多くは、応募を集めるために求人には魅力的な記載をするように努力をしています。これは企業として当然のことですが、求職者からしたときに注意をしたいのが「求人で書いてあることと実際の現場の仕事にギャップがある」ということがあることです。たとえば、経理の勉強をして、経理業務の実績を積みたいので、経理の求人に応募、就業したして、実際に働き始めたら雑務だけで、経理業務は月に1日程度しかなかった、となるとキャリアとして能力的な上積み的には良い状態になったとはいえません。そうした事態を避けるために、こだわりたいのが派遣会社をしっかり選ぶことです。派遣会社は世の中にたくさんありますが、それぞれ特徴があります。いろんな派遣会社の中から、自分の希望を聞いてくれるところ、向き合ってくれるところをしっかり探すことが、派遣社員として良いキャリアを作るためには重要なことです。求人についても、サイト上などに公開されている情報以上のことをしっかり教えてくれるかどうか、既に就業している派遣社員の方がいれば、その方の様子や、その方からの職場の実態などの情報まで教えてもらえれば、より一層の安心感があります。

キャリアを作っていく、というと正社員で考えがちですが、難易度が高い場合、派遣会社を利用して、最初のステップとしていくという方法もあります。あなたがもし良いキャリアを作っていきたいと考えているのであれば、ぜひ一度検討してみてください。

あなたが仕事で生み出す成果は年々上がり給与もアップ。そんな状態を生み出すのがキャリアマップ

キャリアマップはあなたの人生の戦略書

キャリアマップというものを聞いたことがありますか?簡単にいえば、キャリアの道筋のことであり、あなたが目指す最終到達点の向けた、必要なスキルをまとめ、それぞれの習熟度で図り、上を目指していくための手順のことです。人材の育成に熱心な企業であれば、企業内に職種や職位ごとに必要なスキルや経験などが定められていますが、あれもキャリアマップの一種です。このキャリアマップ、会社が提供するものに乗っていくのも悪くはありませんが、あなたらしく、そしてあなたの良いところをしっかりと活かしていくつもりなら、自分オリジナルのものをしっかりまとめるのがおすすめです。出来上がったキャリアマップはあなたの人生を成功へと導く人生の戦略書となるはずです。

報われる仕事にするために自分キャリアマップを作ろう

仕事が難しいのは、自分とまったく同じという人は一人もいないため、誰の意見を参考にするべきかが難しいところにあります。社内で成功している人と同じことをやっても、報われるとは限りません。感性も違えばもっている才能、能力も違いからです。あなたの人生のたくさんの時間を投資する仕事だからこそ、あなた専用のキャリアマップをしっかりつくって活用していきましょう。キャリアマップを作るうえで、最初にやるべきは「ロールモデル」をしっかりと調査することです。ロールモデルとは、見本のことで、キャリアにおいては「こんな人になりたい」と思える相手のことです。実はキャリアにおいて、成功している人と、成功していない人の間に、努力という点で、そこまで大きな差はありません。しかし、年々、大きな差が生まれていく場合がありますが、その差を生んでいるのがキャリアマップであり、成功している人たちは「無駄が少ない道」を歩いています。対して、成功できていない人たちは、努力をしていないわけではなく「無駄が多い道」を歩いているのです。

たとえば、AさんとBさんがいます。Aさんの過去3年間の経験は「1年目:新規開拓営業」「2年目:新規開拓営業+新人営業管理」「3年目:営業チーム管理」だとします。Bさんは 「1年目:新規開拓営業」「2年目:人材採用担当」「3年目:経理事務」だとします。この2人は、同じ時間を、その時の業務に同じだけ投資して、努力も同じようにしていたとしても、Aさんは無駄が少なく「営業ができる人」という称号を手に入れ、また営業の能力も高くなります。対してBさんは「何ができるかわらかない人」という称号となり、すべての能力が新人と大差がない状態になります。

こうした残念な状況を避けるためにまずしっかりと探したいのがロールモデルです。先ほどの例でいえば、1年目、2年目、3年目、どういう経緯をたどった人が、どうなっていったのかを調査するのです。その結果、自分が理想とする状態の人がいれば、その人のたどった経路を、自分のキャリアマップとして設定するのが理想に近づく第一歩です。

仕事選びで気を付けたいのが適正。適性が低い仕事は成果がでにくい。成果がでないとキャリアを変更させられ可能性あり

ロールモデルがみつかったら、次にやるのは自分の適性を踏まえた調整です。自分が理想とするキャリアマップをいかに作ろうとも、その通りの仕事を進めるかは誰にもわかりません。キャリアというのは不確実なものだからです。しかし、そこで何もせずになすがまま、というのではあまりに運任せです。やるべきは確率を高めるための努力です。まず覚えておきたいのは、その仕事につけたとしても、結果を出せなければ、仕事を変えられてしまうということです。一つずつ上っていくためには、今の仕事で結果を出す必要があります。仮に結果を出せなければ、それがあまりにひどければ、多くの会社では仕事を変えさせられます。より適性の高い、より結果が出せる仕事を担当してもらおうというわけです。しかし、ころころ仕事が変わるようでは、無駄の多いキャリアとなってしまい、成功までの道のりが遠くなってしまいます。そのために、ロールモデルが決まったら、自分はその仕事に適性があるかということをしっかりと検証することです。適性があるものは、結果がでやすいためです。結果がもし出せれば、そのキャリアは先に進められる確率が高まります。無駄の少ない、成功への最短ルートであり、きっとあなたも満足できる仕事人生となるはずです。

なんとなく場当たり的に仕事をしていると、何ができる人なのかがわかりにくくなります。小説や映画などでもそうですが、みんなの記憶に残るのは「これができる」という特徴がある人です。そういう状態を最短で作るために、自分の適性も踏まえて、しっかりとキャリアマップを作ってみましょう。

仕事に求めるものは何?お金?時間?やりがい?後悔しない仕事選びのポイント

仕事はお金を稼ぐためのものってホント?そこをちゃんと考えるところがスタート

仕事はお金を稼ぐためのものと思っている人が大多数です。それも当然のことではありますが、お金をもらえたら何でもいいのかというと、そうはいかないのが人間の難しいところです。もちろんお金もほしいけれど、良い人間関係で仕事中も楽しくて、将来に役立つスキルが身につけられて、仕事をすると同僚やお客さんや社会から感謝されてやりがいもバッチリ、というのが理想ですが、そんな仕事は残念ながらありません。でも、じゃあ、お金以外のことを考えるとどうなるかというと、実はよくわからない、という人がほとんどです。でも、そこからで大丈夫。まずは仕事=お金という単純な構図ではなく、もう少し広い目線で考えてみるところからがスタートです。

お客様、同僚、自分の感性は変わり続けるもの。変わらないものを大切にして仕事を探してみると見えてくるものがあります

仕事を探すとき、お金などのわかりやすい待遇面以外で、何を重視しますか?という質問をすると多いのは「人間関係」や「やりがい」があります。それも当然ですよね。やっぱり尊重しあえる素敵な人と一緒に仕事をして、勤務時間中もストレスの少ない状態が理想です。それに自分の感性から考えて満足を感じることができる、やりがいのあるものが付いていたとすれば、それは素敵な仕事に違いありません。でも、注意が必要なのが、それは「今」を切り取った結果であって、今後もそうかはわかりません。あなたは小学1年生の時に何がすきだったでしょうか?中学3年生の時はどうでしょうか。高校2年生の時は何に夢中になっていたでしょうか。大学生の時の大好きだった友人たちはどうでしょうか。良いという感覚は、その時のあなたにとって、という今をきりとった結果です。今はわいわい楽しいのが好きかもしれませんが、5年後、成熟した精神を手に入れたあなたは、仕事に黙々と向き合う集中できる環境の方が良いと思うかもしれません。プライベートでも仲良しのお客様がいて、今はとてもやりがいをかんじて、楽しい仕事と感じることができたとします。でも、3年後、子どもができて、プライベートの時間をしっかり確保しないといけなくなり、飲みに誘われるのを煩わしく思うかもしれません。お客様、同僚、こうした部分は常に変わるものであり、また、それと接する自分の感性も変わり続けます。こういう変化がしていくことを踏まえて仕事探しをすると、いままでみえなかったものも見えてくるはずです。

おススメは「自由な時間を確実に確保できる仕事」。自由な時間はその時の自分にとって大切なものに投資ができる

お金のすごいところは、自分の感性がどうかわり、欲しいもの、好きなものがかわったとしても、それを手に入れるために役立つ、今と未来に普遍的に役立つものだるということ(通貨危機などが起これば当然別ですが)。 そしてお金以外で確実にお勧めできるのは「時間」です。自由な時間は、自分が好きなこと、大切にしていることに使うことができます。仕事をもっと頑張りたければ「仕事をする時間」にすることができます。家族を大切にしたければ「家族とともに過ごす時間」にすることができます。自由に使える時間は、お金と同じく、状況の変化にあわせて、柔軟に形を変えて価値を継続させることができるすばらしいものです。

仕事選びの基準は人によって違いますし、これが絶対に正解というのはありません。千差万別、十人十色な代物です。でも、共通しているのは人生のなかでとても大きな影響を持つ、そして多大な時間を使うのが仕事であるという事実です。安易に、なんとなくの見た目で判断するのではなく、あなたにとっての最適な仕事が見つかるよう、まずは自分の大切にしているものを考えてみましょう。

飲食店でのアルバイト経験がその後のキャリアで活きるかどうかはお店選びで決まる

飲食店のアルバイトは数多くあれど本当にその後のキャリアに活かせる仕事は多くはない。良いお店を探すポイントは?

飲食店は人手が必要な仕事のひとつであるため、アルバイトの仕事を探そうと考えた時、都心部などでは比較的、容易にみつけやすく、仕事に就きやすいといえます。当然アルバイトも仕事ですから、基本は空いた時間でお金を稼ぐという目的があり、そこがメインにはなりますがせっかくであれば、もう一つ上のもの、将来のキャリアに役立つ経験まで手にできたらうれしいですよね。そういう視点で、良い飲食店の求人を探すために見るべきポイントをご紹介していきます

仕事が楽しい<仕事で勉強になる という環境になっているか? 伸びているお店には何かある

せっかくなので同世代の人がたくさん働いていて、わきあいあいと楽しい職場だといいなと思う人は多いはずです。事実、飲食店でのアルバイトではそうした傾向は強く、それを強みにした求人もたくさんあります。でも、この楽しい雰囲気という曖昧なものは、たった一人が辞めただけで、そして新しいスタッフが入っただけでも大きく変わってしまう脆弱なものです。そこでおすすめしたいのは仕事が楽しい、という以上に、仕事で勉強になる、という環境が提供されるところかどうかを見ていくというものです。たとえば、飲食店といっても成長率はお店によって大きく違います。伸びているところには、当然、伸びる理由があります。伸びているお店は、接客、メニュー、清掃、スタッフ教育、店長のマネージメントなど、伸びるポイントが必ず入っています。まずはそういうところから見ていくと、勉強できる環境が整っているかどうかを見極めるポイントにもなります。

お店にいってスタッフをみて「尊敬できる人」がいたら完璧

最後に一番重要なのはやはり人。特に社員や店長は、運営している企業の体質が表現されるところでもあります。良い企業には、良い人が集まります。良い企業は人を大事にしますので、働いている人も充実しています。それを見るためにも、アルバイト応募する前に、実際にお客さんとしてお店に何度かいってみるという方法もおすすめです。その中で何気ないコミュニケーションや所作、行動をみて、ひとりでも「尊敬できる」と思える人がいたら、迷うことなくまずは応募してみるべきです。

飲食店のアルバイトというと、お金を稼ぐことを意識して、時間があうかどうか、通勤しやすいかどうかを優先して考える人が多いのも事実です。でも、せっかくお金以外のことも手に入れることができるなら、そんなチャンスを逃すことはありません。大切な時間を使うところでもあります。良い経験もしっかり手にしていきましょう。

保育士の転職、就職活動で良い求人を見つけるための鉄則

良い求人との出会いは半分は運。でも半分はあなたの行動でコントロールができるんです!

保育士に限った話ではありませんが、良い求人との出会いは半分は運です。転職や就職をする時期に、希望するところが募集をしているとは限らないからです。でも、残りの半分はあなたの行動次第でいくらでもコントロールすることができます。業界によって違いはありますが人が動きやすい時期というものがあります。たとえば保育士の世界であれば、責任感のある人も多いため、毎年4月の新学期から新しい職場で働きたいと考える人が多く、保育園、幼稚園などもこうしたことを踏まえて人材募集をかけています。しかし、ここで少し注意が必要なのが「みんなと同じタイミングで行動をとると競争相手委も増える」ということです。

求人への応募をする際には競争相手は少ないほうが良い

みんなと同じ行動をとるということは、みんなと同じタイミングで、同じような求人と出会い、みんなと同じように応募をすることを意味します。これはいうなれば競争相手が多い状態を自ら作り出しているのと同じです。転職、就職活動は自分を幸せにするために、自分が満足できる職場からの内定をもらう戦いです。戦う以上、勝率を上げるためには「競争相手は少ない方が断然良い」わけです。そのためにやることは周囲の人と同じ時期に、同じような行動をとらないことです。保育園、幼稚園などであれば秋くらいから動き出して、年始から急激に盛んになってきて、4月から新たなスタートを切るというのが一般的な行動パターンです。まず改めるのはこの普通の行動です。

4月に転職しないといけないわけじゃない。仕事を探すのは悪いことじゃない。責任感で自分をしばりつけないことが大切

まずおすすめなのは通年で転職活動をすることです。秋からといわず、春からはじめ、あせらず、じっくりと良い求人との出会いを探すことが大切。仕事をしっかりする、責任感の強い人ほど、新学期早々、子どもたちを見ている側から、すぐに転職活動をはじめるなんてと思いがちです。また、春、秋は園でイベントも多く、それらをしっかりとやって、落ち着いたら始めようと考えがちです。お子さんをあずける親御さんたちからみると、魅力的な、良心的なすばらしい先生ですが、先生も人間です。あなた自身も幸せになる権利をもっています。人を幸せにする、そういう責任感だけでなく、自分も幸せにする、自分を大切にする気持ちと行動も大切です。転職は4月にしないといけないわけじゃありません。保育士としてより輝ける、待遇面も満足できる求人との出会いのためには、普通の行動をせず、また、自分を責任感でしばりつけないことが大切です。

保育士は責任重大な仕事です。だからこそ、より良い仕事をするためにも、あなた自身が満足できる状況を作る必要があります。それが自分、その先にいる保育園の関係者、親御さん、子どもたちにとっても良い結果を生みます。良い求人との出会いを作るために、行動を少しだけ変えていきましょう。

製造業やメーカーでの求人を探す前に知っておきたい優良企業を見つけるためのサイト「元気なモノ作り中小企業300社」

中小企業庁が選定している日本全国の優良企業を表彰する「 元気なモノ作り中小企業300社 」

製造業やメーカーは日本に数多くありますが、その中でも優良企業を見つけて是非ともそこで働きたいと考えている人に知っておいてほしいのが「元気なモノづくり中小企業300社」。日本よりも世界で評価が高かったり、知られていないけれど世界レベルの技術を持っているような中小企業を選定するもので、非常に魅力的な企業がラインナップされています。大手だけでなく、中小企業も視野に転職、就職を考えている場合などは、ぜひここをチェックして隠れた優良企業を見つけてみましょう

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/monozukuri300sha/

興味がわく企業を見つけたら求人をチェックして希望に合致するものがみていこう

モノ作りをしている企業の良いところは、企業風土や考え方、大切にしているものが商品を通して感じることができるところ。目の付けどころが独自だったり、研究の深さが途方もないレベルであったりと、何かのこだわりを感じるところの裏側には必ず、その企業の魅力が詰まっています。もし、それがあなたにとって、仕事で大切なものと合致するものであったなら、興味は自然とわいてしまうはずです。そうなったら、迷わずまずは求人を探してみましょう。就業条件もあなたの希望の範囲であるならば、その仕事への応募は、あなたの人生をより良いものにしてくれるスタートを意味するものになるかもしれません。

ガストでアルバイトで働こうと思ったら知っておきたい仕事の内容と求人への応募方法

ガストはファミレス業界最大手すかいらーくグループの中核ブランド

ファミレスといったらガスト、ガストと言ったらファミレスというくらい、誰でも知っているブランドですが運営しているのは大手ファミリーレストラン企業のすかいらーくグループ。大手だけあっていろんなものがしっかりと整備されていて、知名度だけでなく、働く人にも優しい、メリットも多いお店であることは間違いありません

募集されている仕事はアルバイトはフロアー、キッチン、デリバリー

その企業をしっかりと知りたいという人は、まずはアルバイトなどから始めるのが最も確実で間違いのない方法ですが、募集はフロアー、キッチン、デリバリーという3つの職種です。フロアーとキッチンは一般的な外食系のお店の仕事と大きな差はないものですが、意外と知られていないのがデリバリー。ガストはファミレスですがデリバリーもやっているので、宅配ピザのようにドライバーのお仕事があります。採用ホームページではWワークをしている人や、小さなお子さんをお持ちの方が働いている説明があるなど、多様な働き方を認めていて、多くの人からの応募を受け付ける意思を垣間見ることができます

ガストでバイトの魅力は時間による融通が利き、いろんな人が働きやすいこと

ガストで働くメリットとして、一番わかりやすいものは、時間の融通が利きやすいこと。そのためいろんな人が、隙間の時間を使って仕事をすることも可能で、少しだけ仕事をしたいといったニーズにも応えてくれます。そのため学生から小さなお子さんがいる主婦の方、昼間は別の仕事をしている方などのWワークなど、いろんな人が働きやすい環境ができています。

すかいらーくグループはアルバイトから正社員への登用も積極的

実際に働いてみて、ガストが好きだとなれば、社員登用があるかどうかも気になるところですが、ガストを運営するすかいらーくグループは、ホームページによると「毎年多くの方が正社員として活躍の場を広げています」とのことで、最終的に正社員を目指したいという人にもお勧めできるお仕事です。

http://crewrecruiting.skylark.co.jp/gusto/

飲食業界で良い仕事を見つけるために知っておきたいファミリーレストランの業界地図

ファミリーレストランの業界地図をしっかり把握してから仕事を探そう

ファミリーレストラン、通称ファミレスの中で有名なのものとしては、ガスト、すかいらーく、デニーズにロイヤルホストといったブランドですが、実態としての運営組織についてまで把握はしっかりできていない方も多いの実情です。アルバイトやパートであれば、家から近くにあるから、通勤しやすい、といった点で求人を探すのもひとつですが、正社員として就職、転職をしようと思うのであれば、業界のなかでのポジション、特徴なども含めて、自分の希望にあった企業を選んで是非とも仕事を探したいところです。

ファミリーレストラン業界の最大手企業【すかいらーく】

ファミレス業界のなかで最も大きいのがすかいらーくです。店舗ブランドとしてのすかいらーくもありますが、企業としてはすかいらーくホールディングス、すかいらーくグループと呼ぶ場合が多く、すかいらーくの他に、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵といったブランドも手掛けています。一時期は低迷していましたが、復調して再上場を果たすなど、ファミレス業界では圧倒的な大手といえます。

自社工場を持ち利益率が高めのファミレス大手【サイゼリヤ】

低価格系のイタリアンファミリーレストランのサイゼリヤは、業界内でも大手で、特徴として他よりも高い利益率があります。自社工場を持っていることもあってか、店舗数などから考えると利益も高く、ビジネス上手な企業です。

実はセブングループのファミレス大手【セブンアンドアイ・フードシステムズ】

デニーズを展開するのはセブングループの セブンアンドアイ・フードシステムズ 。ほかにもファミレス以外のブランドも手掛けており、グループのイトーヨーカドー内で展開する店舗も多くあります。

ロイホ?ロイヤル?地域によって呼び方が変わる【ロイヤルホールディングス】

業界大手の一角を担うのがロイヤルホストで有名なロイヤルホールディングス。ロイヤルホスト以外にも、天丼のてんやなども展開しており、すべてに一貫するのは質の高さに対するこだわり。ファミレスだけど、そこを大きく超える品質へのこだわりが特徴になっています。

良い会社への転職、就職には、会社や業界をしっかり研究しよう!

良い会社に転職、就職するためには「良い」ところを知るところからはじめよう

多くの人が良い会社で働きたいなと思っているものの、なかなかうまくいきません。その理由のひとつに「良い情報を手にしていない」ということがあります。転職サイトやアルバイトの求人サイトなど、仕事を探すためのサイトはたくさんあり、そこで検索すれば募集情報がたくさんでてきます。実に多くの会社が、人材を募集しているわけですが、そのなかで「良い会社」となると、そんなに数はありません。みんなが仕事探しの時にとる行動としては、何となく知っている地域や業種で検索し、なんとなく知っている会社や、なんとなく良さそうな条件を掲載している求人をみつけて応募するというものです。ほとんどが「なんとなく」で動いてしまっているのです。

ポイントは「自分と相手を知ること」。しっかり自分が良いと思うものを見定めて、それを提供してくれる相手を探そう

他人が良いといっている会社が良いとは限りません。まず自分が仕事に求めているものをしっかり優先順位をつけて考えることが重要です。それは今と未来、両方から考えてはじめてみえてきます。今の年齢、これから1年、3年、5年、10年と、将来どういう場所で、どういう生活をして、どんな能力をもち、どんな人たちに囲まれていたのか。ここがとても重要です。今日の先に10年後があり、今日の積み重ねが未来の自分を作るからです。お金はもちろんみんなほしいわけですが、お金の優先順位が何番目かはとても重要です。お金は高くても、自分のプライベートの時間を確保しにくい場合もあります。給与面では劣っていても、自分がやりたいことがしっかりできる自由な時間も確保できることが良いという人もいるでしょう。自分と同じ価値観、趣味の人が同僚にたくさんいる会社で、勤務中の満足感が重要だと考える人もいます。重要なのは、自分が良いと思うものの優先順位をしっかりつけて、それを満たす企業を探すことです。

どんな仕事が良いかは、どんな人生を歩みたいかによって大きく変わります。自分の希望をまずはしっかり考えみましょう。