いますぐできる副業の始め方

働き方改革、人生100年時代、老後2000万円問題など、お金の稼ぐ方を改めて考え直す必要があります。その中で多くの人が注目しているのが給与をシンプルに増やす手段として「副業」です。以前よりも副業を許可する会社も増えてきており、この機会に自分もと思っている人に副業の始め方についてご紹介していきます

最初にやることは本業の会社で副業がOKかを確認すること

副業がOKな会社が増えてきているとはいえ、まだまだNGという会社も多いのが実態です。収入を少し増やそうとおもってはじめた副業のおかげで、メインの収入がなくなったりしたのでは目も当てられません。まずはいま働いている会社の就業規則や事例をしっかりと確認していきましょう。規則上はNGになっているけれどどうしても副業をはじめたい。そんな人のなかにh内緒にしていれば副業はばらないはずと思っている方もいますが、実際には住民税などからばれることも多いため、あまりおすすめできません。副業はメインの仕事があってこそ、安定した収入を補助するためのものであることをわすれないようにしましょう。

はじめての副業でおすすめなのは休日をお金にかえるアルバイト

副業というと難しく考える方もいますが、仕事をするという点ではメインのお仕事となんらかわりません。補助的な収入を増やすものとして考えるのであれば、メインの仕事の休日にアルバイトをするところからはじめるのが最も簡単で確実な方法です。土日が休みなのであれば、土曜日、又は日曜日のいずれか、週に1日勤務でOKなアルバイトを探すところからはじめてみましょう。勤務日数や勤務時間に対してい融通が利きやすいアルバイトとしては、警備スタッフ、コンビニ店員、引っ越しスタッフ、飲食店スタッフなどがあげられます。その他にも探してみると意外な仕事が見つかることもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

本業の仕事にマイナスの影響を出さない。これが副業の絶対的な鉄則。そのために週に1日は休みをしっかりとるようにしよう

週休2日の仕事が本業であったとすれば、その休日2日すべてを副業に費やしてしまうと休みがなくなってしまいます。その分、収入は増やすことができますが、休みがないのは本業、副業ともにマイナスの影響がでやすくなります。肉体的な疲労、ストレスなどは仕事の質の低下、ミスなどに直結しやすいため、できれば副業を始めた場合であっても、週に1日は休みをいれるようにしましょう。

給与を2か所からもらうようになったら年末調整、確定申告には注意しよう

最後に副業がはじまったら給与をもらうようになったら税金関係には特に注意する必要があります。副業がOKな会社の場合、本業の会社の年末調整のタイミングで副業の収入などを報告すればすべてお任せでやってくれるところもあります。しかし、内緒でやっている場合などは確定申告を行う必要があり、事前に作業を把握して用意を進めておく必要があります。確定申告は税理士さんなどに依頼することもできますが、少なくないコストがかかるため税務署に相談にしながら自分で頑張るという方法も魅力的です。本格的な確定申告シーズンに入った後だと混みあって大変なので、可能な限り少し早めの時期に相談にいきましょう。税務署は真摯に申告、納税をしようとする人たちにはとても親切に接してくれますよ。

より良い未来を作る副業の始め方

副業OKな会社が増えている。いまこそ収入を増やしつつ将来に対する備えを充実させていこう

働き方改革のひとつとして副業を政府が推奨してきていることもあり、最近ではそうした活動に理解を示す企業も増えてきています。もし、あなたがいまいる会社が副業OKなのであれば、将来のためにも収入とキャリアの両方を手にするための副業にチャレンジしてみましょう。

一般的に副業と聞くと収入目的でやっている人が多いと思われがちですが、やり方次第では将来に対する大きな備えになります。まず副業はメインの収入源がある状態ではじめるものであるため、収入だけにこだわらずに将来のためのチャレンジがしやすいことがあげられます。もし、いままで積み上げてきた仕事のキャリアが行き詰っていたら、副業から新しいキャリアをスタートさせてみてはいかがでしょうか。

副業は本業とは違う仕事をすることがおすすめ。本業の会社からも応援される上に全く新しいキャリアの上積みが見込めるお得な選択

副業がOKな会社であっても、多くの会社では自社と競合などでの仕事や、同一業界、同一業務などは禁止しているところが多くあります。副業をしていく上で最初に考えるのは、本業の会社の人たちにも応援してもらえるものにするということです。やはり、本業あっての副業ですので、メインの仕事がやりにくくなったり、そちらで低い評価を受けるようになってしまっては本末転倒。まずは本業でしっかりと働き、そちらからも応援されるような状態を目指しましょう。そのためにも考えたいのが今の仕事と全く違う、未来志向の仕事を選択するという方法です。

未来志向の仕事というのはこれからより高い評価を受ける仕事のことです。通常、副業でもっとも簡単な方法としては、空いた時間にアルバイトをすることです。コンビニエンスストアやファストフードのパートタイム勤務などは、最も簡単に始められる副業といえます。しかし、こうした仕事はこれから5年、10年後にあなた自身の未来を作ってくれる仕事になるかはわかりません。AIをはじめとした技術の進化によって、社会的になくなっていく仕事もあれば、増えていく仕事、全く新しく生まれていく仕事もあります。この時、なくなってしまう仕事や減っていく仕事を副業にしてしまうとせっかくの仕事の経験があまりにもったいない結果となります。

もし、これから伸びていく市場、業界の仕事を副業としてはじめておけば得られる収入が少なくとも、それを補って余りあるキャリア的なプラスがあるはずです。それは転職においてもそうですし、今いる会社においてもいずれ、その経験を評価されて新しい重要な仕事を任せられるかもしれません。ひょっとしたら、あなたの天職であったならばそのまま、その能力と経験を使って独立、起業へとつながっていくことさえあるかもしれません。

空いた時間を使ってお金を稼ぐという発想から、新しいキャリアを作るという発想に切り替える副業は将来のあなたを救う手助けになる

副業でとにかくすぐにお金を稼ぎたいという場合は致し方ありませんが、少し余裕があるのであればぜひ考えてもらいたいのは新しいキャリアを作るという考え方です。全く新しいチャレンジは、経験があるものと比べてお金になるまでの道のりは険しいものになりますが、それでも頑張るだけの価値があるものです。副業だからこそ、今できることにこだわるのではなく、これからできるようになっておくと良いことに目を向けて、能力開発、そして求人探しをしてみましょう。

好きを仕事に!好きだからこそ頑張れるのも事実だけどデメリットもあることを知っておこう!

好きなものを仕事にするって良いこと?悪いこと?それは仕事に求めるもの次第で回答が変わってきます

日本のことわざには「好きこそものの上手なれ」と「下手(へた)の横好き」という2つの興味深いものがあります。好きこそものの上手なれとは、好きなものであるから熱心に励み、努力をしてしまうため良い結果がでることです。もうひとつの 下手の横好きとは、 下手だけれども好きで仕方がなく熱心なことを表す言葉です。どちらも”好き”というものをテーマに、好きだからこそたくさんやって上を目指してうまくなっていくということ、好きだから熱心だけどやっぱり下手という、行動は似ているけれども全く異なる結果を表す面白いことわざです。

仕事においても、自分の好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は当然いらっしゃいますが、それを聞いた人たちの多くは賛否両論、応援する人、否定する人でわかれる傾向にあります。好きなものを仕事にすると、好きで入れれなくなるからやめたほうがいいという意見や、好きじゃないと仕事なんてやっていけないからその気持ちを大事にした方がいいといった意見が入り乱れ、多くの人を悩ませます。

先ほどのこどわざでいえば、好きこそものの上手なれ、となれば、それは仕事においても良い結果は出やすいわけですから、上手になれるのかどうかを考えていくことが大切です。そのためのポイントは「本当に好きなものは何か」です。

あなたが本当に好きなのは何?もらうこと?与えること?同じ分野でも全く違うもらう人と与える人

好きなことを仕事にして失敗していく人の多くは、分野で考えることはしても、その分野のなかでもらう側と与える側の違いを理解していません。たとえばファッションが好きな人がいたとき、誰かが作ファッションアイテムを眺めたり、購入したり、身につけて楽しむ、もらう側で考えて好きな人と、自分自身で作って販売する、与える側として好きな人では、同じファッション好きでもその中身は全く異なります。まず、もらう側は、常に選べる自由をもっており、また制約も少ないためたのしいことが多いのは当然です。しかし、与える側は、予算、スケジュール、お客様の意見、世の中のトレンドといったように、制約が多く、つらいことが多くなるものまた必然です。それはファッションなどに限った話ではなく、映画や、アニメ、音楽、どんなものでも同じことが言えます。

価値を提供する側の立場で本当に好きならば「好きこそものの上手なれ」で良い結果に結びつく可能性大

好きなものを仕事にしたい、という時に考えている好きが、もし消費者側の目線で考えたものであるならばその選択はつらいものになる可能性が高いといえます。逆に、価値を提供する側として好きであったのなら、それはまさに好きこそものの上手なれで、きっと良い結果に結びついていくはずです。その結果が待遇に反映されるかどうか、こういった点は業界構造、利益率など分野ごとに違うので一概にはいえませんが、仕事そのものの満足感は高いものを得られる可能性は高いはずです。

リクナビNEXTやエン転職にマイナビ転職といった有名転職サイトに掲載されていないレア求人が多数の専門型転職サイトを活用しよう

求人情報を探そうと思ったら多くの人が訪問するのは有名な転職サイトとハローワーク。でも有名だからといってあなたにぴったりな求人に強いサイトというわけではありません

さあ仕事を探そうとおもった人の多くが利用するのが求人サイト。転職であれば有名なものにリクナビNEXTやエン転職、マイナビ転職、そしてハローワークといったサイトがあります。こうした有名サイトは検索をしても上位に表示されているだけでなく、広告も大量にうっているので結果として目に留まる機会は多く、そこで求人を探すというとるという人は大勢います。もちろん有名サイトである以上、求人数も多いのはたしかではあるものの業界や職種によっては求人が充実していない場合があります。

そんな時にまず検討してほしいのが専門型転職サイトです。有名サイトの多くは、一般的な求人をまんべんなく取り扱っているため、特定の求人が多いわけではありません。もし、希望の業界や職種がはっきりと決まっている、しかもニッチなものなのでれば積極的に活用していきましょう。

専門型転職サイトはニッチな業界、職種であればあるほど有名サイト以上のレア求人が見つかる可能性が高い

製造業や工場の仕事を専門で紹介する工場ワークス、ビルメンテナンスの仕事に特化した求人サイトであるビルメン転職ナビ、ITエンジニアやプログラマーに特化したhello worldといったように業界、職種に特化した求人サイトは多数あります。これらのサイトは分野を絞って専門的にやっているだけあり、求人の数だけでなく機能的な面でも対象が利用しやすいように作られています。結果として有名転職サイトでは出会えない、レア求人を見つけることができる可能性が高くなるわけです。

重要なのは転職サイトではなく求人情報。まずは自分が探している仕事の条件を明確にして、ぴったりの転職サイトを探してみよう

転職サイトといっても探し見るとたくさんのサイトがあります。運営会社はしっかりしているところのほうがいいというのは間違いありませんが、重要なのはサイトそのものよりも求人情報です。まずは自分の希望する仕事をしっかりと考えて、希望の条件を明確にしたら、条件にあった案件をたくさんもっているサイトを探してみましょう。知っているところは安心ですが良い転職をするためには、チャンスを多くするためにもたくさんのサイトから求人を探していきましょう。

プログラマーのための良い求人の見分けた方

プログラマーは求人企業の事業内容でキャリが大きく変わってくる。しっかり見極めて応募しよう

プログラマーとして良いキャリアを築いていくためには待遇面だけでなく、どんな事業を行っている会社かを見極めて、しっかりと選んでいく必要があります。会社選びを間違うと、肉体的な疲労だけがたまるだけで能力の向上やキャリアとしての上積みが全くないということが起こります。プログラマーといっても事業によって求められるもの、仕事内容や評価されるポイントは変わってくるため、そうした違いを理解していきましょう。

システムインテグレーターにおけるプログラマー

プログラマーを必要とする会社の中でも、最も募集が多いのはシステムインテグレーター、SIer(エスアイヤー)とも呼ばれる会社です。システムを開発、提供する会社で、事業内容は受託開発やエンジニア派遣と呼ばれるものになります。ホームページや会社案内では、ITコンサルティングというのを前面に出してくる会社も多くありますが、実態としては設計作業をそう呼んでるに過ぎない場合が多いので、注意してみる必要があります。

仕事としては顧客のために開発する作業を行う代行としてお金をもらうというものです。仕事の成果は作業をしたこと、もしくは約束したものを納品することで、その対価としてお金をもらうわけです。こうした会社の多くは、開発作業が主体となるもの、特徴のない会社の場合は先進的なものなどへの向上心がない場合が多く、また、同時にビジネス的な目標に対するコミットは低い場合もあります。

特にエンジニアが稼働さえしていればお金が入るというモデルともいえるため、無理に全員の能力を上げて、本気で成果を出さずとも売上が上がってしまうことがその要因ともいえます。1名の優秀なエンジニアを派遣して3カ月で終わらせるよりも、3人のほどほどのエンジニアを派遣して3カ月で終わらせた方が売上が大きいのです。もちろん、あまりにもひどい場合はお金をもらえませんので、最低限、許容してもらえるレベルで仕事をしようとはしますが、能力の有無にかかわらず派遣さえしていれば、1人分の売上が経つような場合、キャリアとして上積みが見込める経験を得られる可能性は極めて低くなります。特に2次、3次請負の立場の場合は、ただそこに居ることが求められるような場合や、炎上対応だけをひたすらやり続けるような場合もあるので要注意です。

受託開発はどうかというと、こちらは納品ができなければお金をもらえない場合が多いため、エンジニア派遣よりは納品に対するコミットメントが高い人が多く、仕事をしっかり終わらせるということを学びやすい環境といえます。ただ、案件を受注する営業や販路によっては、開発としての能力よりもディレクションとしての能力ばかりが上がっていくような場合も多くあるため、自社が顧客を持っているのかどうか、そして営業担当はシステムのことを熟知している人なのかどうか、同行はあるのかなどをしっかりと確認しておくと良いでしょう。もし、営業が単独で動き、さらにシステムについて詳しくないという場合、営業主体の会社であることもあり、受注を優先するために、エンジニアたちが苦労する条件での仕事が多いということも考えられます。プログラマーとして良い環境では、営業もシステムに詳しい、または同行して強い発言権があります。ここをしっかりチェックしましょう。

また、受託開発の場合、どの規模の仕事を、どれくらいの規模のチームで進めるのかによって仕事がかなり変わってきます。大きな仕事も小さな仕事も、それぞれいいところはあり、前者であれば大規模システムについての開発、設計、運用の経験を積むことができるというのが一番のメリットです。後者は小さい分、チームメンバーも少なくなり、ひとりでやることもありますので、ひとりで考えてやりきる能力を育てるのにはもってこいです。最近、需要が高まっていて人気の高いなんでもできるフルスタックエンジニアになりたいのであれば、そうした仕事が多い会社であれば良い環境といえます。

自社サービスを持つ会社におけるプログラマー

プログラマーとしては花形的な位置にあるのが自社サービスを持つ会社におけるプログラマーです。開発するサービス自体が商品であるため、自分たちで考えて作り上げていくことがしやすく、また、その結果が自社の業績に直結して見えてくるため、やりがいも感じやすい環境です。

特に新しいサービスであれば、ネットワークからプログラム言語、フレームワークにいたるまで、新しいトレンドを取り入れた環境で開発ができる場合も多く、時代に即した技術を比較的学びやすい環境といえます。ただし、これは技術部の上級役職者の人たちの傾向によって大きく変わってくるため、どういった人たちが率いているのか、そしてその結果、どんな環境で開発をすすめているのかをしっかり確認するのがおすすめです。この時代になぜそれを採用するのかと疑問に思うような環境の場合、上級役職者の偏愛によるものである場合や、会社として外からはわからない特殊な事情で技術的制約が課せられているという場合もあります。こうした点をしっかりとチェックしておきましょう。

ひとつ気がかりとして残るのは、自社サービスの会社の場合、サービスが外れた場合に業績的がそのまま下がり、雇用の安定性という面で疑問が出る場合が多いことです。ゲーム業界などがわかりやすい例になりますが、当たればとんでもなく利益がでる一方、はずれた場合、ユーザ離れが起き始めた場合、売上の減少はすごい勢いで進んでいきます。特に一般消費者向け(C向け)の場合は、その落差が大きいため、そうした点は十分に考慮した上で求人を選んでいきましょう。

非システム事業をやっている会社における社内システム部のプログラマー

事業内容をみたときに何故この会社がプログラマーを募集するのだろうかと疑問に思うような会社が求人していることもあります。この場合、ほとんどは社内システム部における募集であり、会社のなかの基幹システムをはじめとした、業務管理上、必要となるシステム類の保守運用に近い開発や、働く人たちの業務負担を減らすためのシステム開発を担当するというのが一般的です。

この場合、プログラマーとして良い点はプレッシャーが少ないことが多いということです。悪い点は成長できる環境である可能性が低いということとです。開発の見積もりでどれくらいのスケジュールでできるかを聞かれた場合も、多めにいっておいてもそういうものだと思ってくれる場合もあるため、比較的、プレッシャーが少ない環境を作りやすい点は良い点です。ただし、成長につながる刺激や勉強になる情報を得られることは少ないため、向上心がある人には向いていない環境ともいえます。

また、プレッシャーが少ないことをいいことに、常にのんびりした日程で横柄に対応をしていると、社内の人たちもさすがに気が付きます。「あそこに頼むと仕事が遅い」とわれはじめ、外部のシステム開発会社に依頼し始めるというのはよくある話です。これが常態化すると、社内システム部の存在意義を問われることにもなり、悪い評価を受けることになってきますので、ゆとりに甘えず、適正さを保ち続ける必要があります。

求人企業の事業内容によって全く変わってくるプログラマーとしての経験

同じ開発をするプログラマーの求人であっても、会社の事業内容によってやること、学べること、そしてデメリットもまったく違ってきます。それぞれ良い点、悪い点がありますので、どれが自分にとって最も良い環境かをしっかりと見極めていきましょう。

意外に知られていないマクドナルドのアルバイト「デリバリースタッフ」店舗アルバイトとの違いとは?

マックのバイトといえばキッチンでの調理やカウンターでの接客が有名だけど宅配スタッフの仕事もあるんです

アルバイトでは働く皆さんをクルーと呼んでいますが、通常、このクルーはキッチンで商品を調理したり、販売カウンターで接客をするといったことがメインな仕事となります。多くの人がマックのバイトといって想像するとおりの仕事ですが、実はマクドナルドには宅配ピザと同じように商品を届けるデリバリースタッフならぬ、デリバリークルーという仕事があるんです。

仕事内容はというと、その名の通り注文を受けた商品を、ご注文いただいたお客様のもとに届ける仕事です。他の一般のクルーと同様に福利厚生などは受けられるため、マクドナルドの商品を30%オフで食べられる特典ももれなくついてきます。そして働きやすさのひとつとして、シフト制で週に1~2回など、少ない勤務日数でも相談に乗ってくれることが多いので、空いた時間で少しだけでも仕事ができる一般的なクルーと同じです。

原付に乗るのが大好きなライダーさんには宅配ピザに代わる選択肢のバイトとしてもってこいのお仕事

このマックのデリバリークルーはどんな人におすすめかといわれれば、一番はやはりライダーになりたい人。原付で風を切って外を走るのが好きな人には断然おすすめなお仕事です。デリバリーといったピザ屋と考えている人には、新しい選択肢としてぜひ検討してもらいたいところです。ただ単に配達をするだけではなく、あくまでも商品をお届けするという点から考えれば、お店で接客するのと変わらぬ対応は必要になるので、多少なりとも接客に対する意識を持てる人であれば、お店も大歓迎なはずです。

注意が必要なのは全店舗で募集があるわけではないということ。通勤しやすい店舗がデリバリーに対応しているかしっかりチェックしよう

少しだけ注意が必要なのはこのデリバリークルーは、マクドナルドの全店舗で募集している仕事ではないということ。一部のデリバリーに対応している店舗だけに限られるので、あなたが通勤しやすいと思うお店が、対応しているかどうかは確認する必要があります。デリバリーとはいえマクドナルドのスタッフであることから、実際に仕事を始める前にトレーニングもしっかりあるようです。運転、そしてお届けに必要な接客のトレーニングを積めるので、はじめての人にも安心の環境。やはりマクドナルドなど、大手の安心感は研修など、導入がしっかりしているところが多いこと。はじめての方も安心して応募できますね。

良い求人を見つけたら迷いは捨ててすぐ行動。すぐやる力は転職活動を成功に導く

この仕事いいかもと思ったら迷っている暇はありません。中途の求人は良いものはすぐに募集が終わることも。

転職には慎重さが必要です。しかし、中途採用における求人は採用がきまった瞬間に掲載は終わり、仮に応募をしたとしても選考は進むことはありません。求人の掲載が始まったら、その瞬間から多くの求職者が目にし、良い仕事だと思えば応募をしています。その結果、あなたが悩んでいる間にも応募、書類選考は進んでいることを忘れはいけません。もちろん、応募の前にどういった仕事で、もし内定をもらって仕事をすることになったら、自分の希望する環境か、仕事内容かといったことを検討もせずにあわせてて応募をするのは推奨できる行為ではありません。しかし、しっかり考えた結果、良い求人だという結論に達したの出れば、応募に躊躇せずにすぐに行動をとるべきです。すぐに行動する力、すぐやる力は転職においても良い結果をだすための重要な行動なのです。

すぐにやる。あきらめずにやる。どんな結果がでても前を向いてすぐにやり続けることが大事

これは求人の応募に限った話ではなく、転職活動全般に対していえることです。書類の準備、転職に伴う手続きや準備、転職に有利になる勉強など、あらゆるものに対して一貫して言えることです。必要があること、やるべきことは迷わず、いますぐ行動をとることが重要です。もちろん、行動をしたからといって常に良い結果がでるわけではありません。時には、心が折れてしまうようなこともあるはずです。しかし、それでもすぎに立ち上げり、やり続ける、継続していく力が重要です。「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」というのは、日本電産の会長である永守重信さんの有名な言葉です。これは何も仕事にだけではなく、プライぺーとにおいて、そして転職においても有用な言葉です。

世の中のほとんどは思い通りにすすまないものですが、それは転職活動も一緒です。行動してもすぐには望んだ結果が得られないこともあるはずです。何度応募しても内定をもらえないようなことが続けば、足がとまってしまうこともあるかもしれませんが、そんなときにでもできるまでやる、ということを大事にし、やり続けることが良い結果を生み出します。

結果がでない時はちゃんと振り返りもして次のアクションの時に改善を加えていこう!

ただし、結果がでない時、うまくいかない時はその理由をしっかりと分析して、改善を加えていくことも重要です。応募している企業や業界と相性が良くないのか、自分のアピールがうまくいっていないのか、面接で高い評価を得られていないのか、必要とされる能力が足りていないのか。うまくいかない場合、原因を探って少しずつ修正をしていくとも大切です。これを繰り返すことで転職が成功する確率はぐっと上げていくことができるからです。

アルバイトからでも有名企業の社長になれる!意外に多いバイト出身の社長、役員

アルバイトでも良い仕事をすれば結果がついてくる会社もたくさんある。アルバイトから役員以上になった先輩たちから学ぼう

牛丼チェーン大手の吉野家の河村泰貴社長、あずきバーで知られる井村屋の中島伸子取締役、モスバーガーの櫻田厚会長をはじめ、アルバイトからはじめて有名企業の社長にまでなった人というのは意外にいるってことをご存知でしたか?アルバイトだからと自分で可能性を閉ざして適当に仕事をするよりも、ここから上を目指す意識で毎日仕事をする方が、どんな結果になろうとも良いキャリアに結びつくのは間違いありません。

多くの人は正社員は真剣に仕事をして、アルバイトはゆるい意識で良いと決めつけています。しかし、実際には正社員もアルバイトも労働者として変わらない存在であり、 前述のアルバイトから役員にまで登りつけた人たちの多くは、仕事に対する意識の高さは正社員になってから上がったわけではありません。アルバイトの時から、まずは正社員になるということをなど、ひとつずつ目標を定めて、その階段を上るために仕事に打ち込んでいき、最終的にどこまでたどり着いたというだけです。

アルバイトだから適当に仕事をして、アルバイトだから嫌なことがあったらすぐに辞めてよい。そういう考え方が多くの人が持っているのは事実ですが、その考えを踏まえて行動していたとしたら前述の結果を出した先輩たちと同じところまでいくことは絶対にできません。まずは本気で仕事をする、そしてひとつずつ上に登っていく。これを繰り返すのに正社員もアルバイトも関係はないのです。

役員まで目指すならまずは正社員登用があるかどうかをチェック!過去の実績からいえば飲食をはじめとしたサービス業がねらい目

アルバイトだってチャンスがあるのは事実ですが、役員にまで上り詰めたいと考えるのであればまずは正社員になることを目標におく必要があります。そのためにチェックをしておきたいのは正社員登用があるかどうか。これは制度上、そういったものが存在しているかどうか以上に、実績としてこの経路で社員になった人がどれだけいるかをみることが重要です。

これまでのアルバイトから社長や役員になった先輩たちが多いのは飲食をはじめとしたサービス業です。もし、ひとつずつ上を目指して努力を続けていき、いつかは社長になりたいと思っているのであればこうした業界の求人をチェックからはじめてみましょう。

採用されたら頑張ってビジネスに貢献しよう!いわれたことだけやっているようではチャンスや手にできません

目ぼしい求人を見つけて応募、採用となったらそこからスタートです。さあ、仕事を頑張ろうと思ってみても、ほとんどの人は自分は頑張っていると思っているものの、そうしたチャンスがやってこないという現実があるわけです。仕事である以上、ただ頑張るというのは当然のことであり、チャンスをつかむためには、会社から評価されてしまうように頑張る必要があります。

そのために重要なのは他のスタッフ、そして正社員と比較しても優れている結果を残すことです。基本的なこととしては遅刻や欠勤などですが、それは一般的なアルバイトでも求めらられることで、それだけで高評価は得られません。重要なのはビジネスの研究と、そこから逆算した評価ポイントを探し出すことです。

多くの人は自分の給与が上がらないことに不満を持っています。しかし、構造的に考えればわかることですが、給与を上げても会社の売上や利益が上がらないのであれば、コストが増えるだけで会社にとってメリットがありません。もし、あなたの給料を2倍にすることで、会社の利益が2倍になるのであれば、給与が増えないわけはありません。

このように給与もひとつの評価基準として考えることができますが、これと同じようにアルバイトであっても業績にはっきりとプラスの影響を与えることができるのであれば、高評価を得られるのは間違いありません。大きな仕事をまかせてみたくもなりますし、給与もあげたくなるはずです。あの人が出社すると顧客単価が+1000円あがる、正社員の平均を上回る販売実績を残しているといったように、具体的な売上に貢献する活動、そのための工夫、そして行動が高評価を得るための近道です。

大企業に入社したらあとは安泰は昔の話。入社してからが本当にスタート。45歳以上のリストラは継続的に行われていることを知っておこう

入社ゴールと勘違いをしないように。大企業から内定獲得、入社してもそれはスタートラインにすぎない

憧れの会社で働きたい。できれば安定している会社が良い。こんなことを思う人は多いものですが、その代名詞ともいえるのが大企業でしょう。少し前までは新卒で大手の企業に就職が決まったら、その後の人生は決まったようなもので、安定して、良い生活がおくれると思われていたものです。たしかに年功序列が徹底されており、かつリストラなどという言葉は皆無だったはるか昔にそういった時代はあったかもしれませんが、現在では大企業は企業として安定しているだけで、大企業で働いている労働者が安定しているわけではないということは、実際に働いている人たちの多くが知るところです。

かつてよりは減ったとはいえ、大企業は歴史があるところが多く、まだまだ年功序列に近いものが多く残っています。しかも、その多くはポストが埋まっているが故に起こっていることであり、年齢があがっても高い役職に就けない人たちが増え続けています。組織は年齢別にまとめた時にピラミッド構造になっている限り、年齢とともに役職、待遇なども比例していきやすいものの、かつての就職氷河期の時期などの影響もあり、ワイングラス型、逆ピラミッドに近い構造の会社も増えつつあります。こうなると、下の人たちにはなかなかチャンスはまわってきません。

まず大企業は基本的に低成長の状態にあります。かつては急成長していたはずですが、基本的にみんなが知っている大企業というのは低成長期に入っている企業と考えてほとんどの場合は間違いではありません。もちろん低成長であっても業績の数値はどれも立派で大きなものに違いありませんが、低成長企業というのは基本的に維持することが目的化してくる部分も多くなり、結果として人材募集も例年、決まった数を行って、同様に決まった数の人が辞めていく総数でみると変わらない状態となっていきます。この時、総数が変わらないということは、上が詰まっており、相当なことがない限り、抜擢などはなく、数十年にわたってポストが空いてチャンスがやってくるのを待ち続けることになります。

大企業に入社したらそこからがまた新たな長きにわたる戦いの始まりだということをしっかりと肝に銘じておく必要があります。

大企業では45歳以上を対象に継続的にリストラが行われている事実をしっかりと覚えておこう

大企業は会社として安定していて素晴らしい会社が多いのは事実です。しかし、会社はあくまで会社であって働く人はどうかといえば、そうともいえな不都合は事実があります。90年代後半から日本でも一般化しはいめたリストラですが、最近は以前ほど話題に上がることはなくなりましたが実際には継続して行われています。もちろん、明確にリストラという表現が使われることはなく「希望・早期退職者を募集」という体裁で行われます。この時、全社員を対象している場合もありますが、多くは45歳以上を対象にしていることが多く、その数は上場企業だけでもピーク時には4万人弱にも達し、近年の少ない年でも5000人前後は継続的に募集されて続けています。 大企業に入ったら安泰と思っている人も、この現実をしっかりと把握しておく必要があります。

給与が高い会社に転職をしたいと思ったら、最初にやるのは業界研究と能力開発+実績作り

給与アップを目指したい。そう思っていきなり転職はリスク大。利益率の高い業界がどこかを研究して、そこで必要とされる能力を身につけることが安全な近道

いまの給与に不満がある。お金がもっと必要だ。給与に関しての不満で転職を考える人は大勢います。ただ、ここで注意をして欲しいのは給与はどうやって決まるのかです。もし、今いる会社が同業界のなかで給与が不当に低い、または利益率が低いという場合は転職活動をはじめても目標が達成できる可能性は高いでしょう。しかし、もし、業界のなかで平均的以上であったとすれば、転職活動を行う前にやるべきことがあります。

それはあなたの希望額をもらえる業界を探すこと、そしてその業界で必要とされる人間になることです。給与は会社ごとに違いますが、それ以上に業界構造によって決まる部分が大きく、利益率が低い業界で頑張っても給与はそれほど上がりません。これは上がらないのではなく、上げることができないというほうが正確です。本気で給与アップを狙うのであればまずは業界ごとの利益率の違いを勉強するところからはじめてましょう。

下の表は上場企業の前期の営業利益率が高いトップ50の企業の業種をカウントして上位10業種をまとめたものです。結果としては情報通信業が1位という結果となりましした。情報通信のなかには携帯キャリア会社やゲーム会社、システムインテグレーターなどが入ります。それに2位の医薬品、3位の化学と続いていきますが、これらの業種に共通しているのは労働集約型のモデルではない企業が多いということです。こうした利益率の高い業界で求められる人間になることが給与アップを狙った転職にはとても有効です。

順位業種企業数
1位情報通信業11
2位医薬品7
3位化学6
4位小売業5
5位サービス業4
6位陸運業4
7位不動産業4
8位電気機器2
9位精密機器2
10位その他金融業2

業界ごとに求められる人材を研究。そして自分の能力と評価される実績を育てていこう

求められる人材は業界によって違います。当然、会社による違いもありますが、雇用形態別の比率、求めるスキル要件は業界ごとによって傾向があります。非正規雇用が人が非常に多い業界もあれば、ほぼ全員が正社員という業界もあります。仕事をする上で必要とされる資格も業界によって異なります。まずは狙いを定めてどういった人材が必要されているのかを調べていきましょう。業界ごとに有力な会社をピックアップして、それぞれの新卒、中途の求人情報を調べていきます。もし、採用サイトのなかに先輩社員の紹介があればそこもしっかり確認。そこで紹介されている人の説明、紹介などからどういった仕事をしている人がいるのか、どんな人が評価されるのか、会社で求められるものが何かといったことを読み解くためのヒントになるはずです。

また、業界ごとに募集人数の多い仕事、給与が高い仕事というの違ってきます。たくさんの人が採用される職種で、かつ給与もたくさんもらえるとなれば、給与アップを狙った転職であればターゲットとすべき仕事です。目的を達成しやすい職種を見つけ出して、その業界で、その職種で採用されることを目指して、いまからスキル、そして実績作りを今いる会社ですすめておきましょう。