良い会社への転職、就職には、会社や業界をしっかり研究しよう!

良い会社に転職、就職するためには「良い」ところを知るところからはじめよう

多くの人が良い会社で働きたいなと思っているものの、なかなかうまくいきません。その理由のひとつに「良い情報を手にしていない」ということがあります。転職サイトやアルバイトの求人サイトなど、仕事を探すためのサイトはたくさんあり、そこで検索すれば募集情報がたくさんでてきます。実に多くの会社が、人材を募集しているわけですが、そのなかで「良い会社」となると、そんなに数はありません。みんなが仕事探しの時にとる行動としては、何となく知っている地域や業種で検索し、なんとなく知っている会社や、なんとなく良さそうな条件を掲載している求人をみつけて応募するというものです。ほとんどが「なんとなく」で動いてしまっているのです。

ポイントは「自分と相手を知ること」。しっかり自分が良いと思うものを見定めて、それを提供してくれる相手を探そう

他人が良いといっている会社が良いとは限りません。まず自分が仕事に求めているものをしっかり優先順位をつけて考えることが重要です。それは今と未来、両方から考えてはじめてみえてきます。今の年齢、これから1年、3年、5年、10年と、将来どういう場所で、どういう生活をして、どんな能力をもち、どんな人たちに囲まれていたのか。ここがとても重要です。今日の先に10年後があり、今日の積み重ねが未来の自分を作るからです。お金はもちろんみんなほしいわけですが、お金の優先順位が何番目かはとても重要です。お金は高くても、自分のプライベートの時間を確保しにくい場合もあります。給与面では劣っていても、自分がやりたいことがしっかりできる自由な時間も確保できることが良いという人もいるでしょう。自分と同じ価値観、趣味の人が同僚にたくさんいる会社で、勤務中の満足感が重要だと考える人もいます。重要なのは、自分が良いと思うものの優先順位をしっかりつけて、それを満たす企業を探すことです。

どんな仕事が良いかは、どんな人生を歩みたいかによって大きく変わります。自分の希望をまずはしっかり考えみましょう。

おすすめの記事