飲食店でのアルバイト経験がその後のキャリアで活きるかどうかはお店選びで決まる

飲食店のアルバイトは数多くあれど本当にその後のキャリアに活かせる仕事は多くはない。良いお店を探すポイントは?

飲食店は人手が必要な仕事のひとつであるため、アルバイトの仕事を探そうと考えた時、都心部などでは比較的、容易にみつけやすく、仕事に就きやすいといえます。当然アルバイトも仕事ですから、基本は空いた時間でお金を稼ぐという目的があり、そこがメインにはなりますがせっかくであれば、もう一つ上のもの、将来のキャリアに役立つ経験まで手にできたらうれしいですよね。そういう視点で、良い飲食店の求人を探すために見るべきポイントをご紹介していきます

仕事が楽しい<仕事で勉強になる という環境になっているか? 伸びているお店には何かある

せっかくなので同世代の人がたくさん働いていて、わきあいあいと楽しい職場だといいなと思う人は多いはずです。事実、飲食店でのアルバイトではそうした傾向は強く、それを強みにした求人もたくさんあります。でも、この楽しい雰囲気という曖昧なものは、たった一人が辞めただけで、そして新しいスタッフが入っただけでも大きく変わってしまう脆弱なものです。そこでおすすめしたいのは仕事が楽しい、という以上に、仕事で勉強になる、という環境が提供されるところかどうかを見ていくというものです。たとえば、飲食店といっても成長率はお店によって大きく違います。伸びているところには、当然、伸びる理由があります。伸びているお店は、接客、メニュー、清掃、スタッフ教育、店長のマネージメントなど、伸びるポイントが必ず入っています。まずはそういうところから見ていくと、勉強できる環境が整っているかどうかを見極めるポイントにもなります。

お店にいってスタッフをみて「尊敬できる人」がいたら完璧

最後に一番重要なのはやはり人。特に社員や店長は、運営している企業の体質が表現されるところでもあります。良い企業には、良い人が集まります。良い企業は人を大事にしますので、働いている人も充実しています。それを見るためにも、アルバイト応募する前に、実際にお客さんとしてお店に何度かいってみるという方法もおすすめです。その中で何気ないコミュニケーションや所作、行動をみて、ひとりでも「尊敬できる」と思える人がいたら、迷うことなくまずは応募してみるべきです。

飲食店のアルバイトというと、お金を稼ぐことを意識して、時間があうかどうか、通勤しやすいかどうかを優先して考える人が多いのも事実です。でも、せっかくお金以外のことも手に入れることができるなら、そんなチャンスを逃すことはありません。大切な時間を使うところでもあります。良い経験もしっかり手にしていきましょう。

おすすめの記事