人材派遣会社に登録するところからはじめるキャリアの作り方

良いキャリアを作るためにはキャリアマップが重要

良いキャリアを歩んでいきたい。働く人であれば誰しもが望むことではありますが、実際に理想のキャリアを築いている人というのはそれほど多くはありません。しっかりとしたキャリアマップを戦略的にたて、そこを意識して転職や就職のための活動を行っていく必要があります。もちろんキャリアマップがなくとも、運の良い人であればいつの間にか良い状態になっていた、ということもありえますが、その確率は相当に低いと言わざるを得ません。仕事で報われるために多くの人たちは努力をしている以上、確実に結果を出すためにはキャリアマップがなくとも、戦略的に自分の商品価値を意識していかないと、周囲の人たちと比べられた時にどうしても勝つことができません。勝てないということは、自分の進みたい道を歩むことができないということになります。

キャリアマップを達成するために派遣会社に登録して派遣社員になるという選択肢もある

キャリアを戦略的に考えて、転職活動や就職活動をしてみたとしても、理想の一歩を踏み出すことは簡単ではありません。自分の目指すキャリアが、難しいものであればあるほど、全くの未経験の分野で、価値を生み出した実績がない状態で、内定をもらえる確率は低くなるためです。求人を行っている企業も、できればその分野の能力を持ち、それを仕事という場で実績を積んできた人を優先して採用をしたいのが本音です。キャリアを積み上げれば、チャンスを得ることができるとしても、最初のチャンスをもらえないと、次に進むこともできません。もし、正社員での転職活動、就職活動がうまくいかなったら、ひとつの選択してとして派遣会社に登録して、派遣社員としてキャリアの一歩を作るという方法があります。当然、多くの人は正社員のほうが良いと考えていますが、企業からすると正社員における採用は採用した後に能力不足等で、管理が大変になることを考えると、リスクは大きく、他の雇用形態と比較して慎重さが増す傾向にあります。それに対して派遣社員は、契約期間というものが存在し、また、雇用契約の調整などを、派遣会社を通して行うことができるため、管理する労力、リスクが少ないため、正社員と比較すると採用基準が低い傾向にあります。それを利用して、正社員からでは難しいキャリアを積み重ねる第一歩を踏み出せる可能性が高まるわけです。

派遣でキャリアを作るためには派遣会社と求人をしっかり選ぶことが重要

もちろん課題もあります。それは派遣求人を見ているだけではわからない、仕事をする現場、実態の部分です。派遣会社の多くは、応募を集めるために求人には魅力的な記載をするように努力をしています。これは企業として当然のことですが、求職者からしたときに注意をしたいのが「求人で書いてあることと実際の現場の仕事にギャップがある」ということがあることです。たとえば、経理の勉強をして、経理業務の実績を積みたいので、経理の求人に応募、就業したして、実際に働き始めたら雑務だけで、経理業務は月に1日程度しかなかった、となるとキャリアとして能力的な上積み的には良い状態になったとはいえません。そうした事態を避けるために、こだわりたいのが派遣会社をしっかり選ぶことです。派遣会社は世の中にたくさんありますが、それぞれ特徴があります。いろんな派遣会社の中から、自分の希望を聞いてくれるところ、向き合ってくれるところをしっかり探すことが、派遣社員として良いキャリアを作るためには重要なことです。求人についても、サイト上などに公開されている情報以上のことをしっかり教えてくれるかどうか、既に就業している派遣社員の方がいれば、その方の様子や、その方からの職場の実態などの情報まで教えてもらえれば、より一層の安心感があります。

キャリアを作っていく、というと正社員で考えがちですが、難易度が高い場合、派遣会社を利用して、最初のステップとしていくという方法もあります。あなたがもし良いキャリアを作っていきたいと考えているのであれば、ぜひ一度検討してみてください。

おすすめの記事