転職活動での内定を勝ち取るために知っておきたい採用の裏側

人材募集をするには理由がある。新卒、中途、バイトなど雇用形態を軸にパターンを見極めることが大切

企業はどうして求人情報を掲載するのかといえば、当然、人を採用したいからですがその理由をしっかり考えると内定を手にできる確率が高まります。主要な理由はいくつかありますが代表的なものとしては「短期的な業務遂行のために人が必要」「中長期的に戦力として計算できる業務遂行していける人が必要」「長期的に企業活動の継続のために必要な会社をリードしてくれる幹部候補者が必要」といったものがあります。このいずれかだけが狙いという場合もありますし、複数の目的がある場合もあります。人材を募集する企業が、いったい何を目的に求人を行なっているのかを把握することで、履歴書やエントリーシート、職務経歴書の書き方も変わってきます。また、面接の際のアピールするポイントも変わってきます。

バイト、パートで多い短期的な労働力を求めている場合の求人に応募する場合に考えるべきこと

短期的な業務のために人がほしいだけで、中長期に関しては全く期待していない場合があります。サービス業のアルバイトやパートタイムなどでその傾向は強く、この場合、企業側は今の状態でずっと働いて欲しいと考えています。そのため給与に対する昇給の希望が強かったり、中長期的な目線でのキャリアとしての話が強く出てくると、希望に合わない人、管理が大変になる人という印象を与えることになります。

新卒や若手の中途採用で多い中長期で活躍してくれることを期待する採用の場合の重要なポイント

短期的には期待はしていないが、中長期で考えて仕事で成果をだせるようになってほしいと考えている場合があります。新卒の採用や、未経験歓迎といった表現で求人を行なっている中途採用などで多いパターンです。この場合は、育成で伸びるかどうかということと、長期的に働いてもらえるかというのは重要な評価ポイントになります。短期的に経験積んで、次のステップを考えているといったことが、エントリーシートや面接での問答の中に含まれると、相当に能力や魅力があり、それでも採用したいと思わせるものを持っていない限りはマイナスに働く可能性が高くなります。

この場合、新卒と第二新卒などの若手を対象とした中途採用の場合に多く、結果を求めないトレーニング期間のような猶予が与えられているのが特徴です。そのため、そうした期間の最中は会社からみるとコストを負担しているだけで何も成果がないような状態続きます。それを許容していくこといなるわけですが、その期間が終わった直後にやめる可能性があるとお金を払い、勉強と経験をつませてそれだけで去っていく人を喜んで受け入れる会社はいません。もらった分以上をしっかり返してくれることが最低条件です。ここはしっかりと留意して臨みましょう。

ミドル層以上の中途採用で多い、即戦力+中長期的にも活躍を企業が期待をしている場合に考えるべきこと

採用する数こそ少ないものの、ミドル層以上を対象に行われる中途採用などでは、経験と知識から即戦力として短期的に結果を期待する上に、中長期的には会社をリードするような存在になってくれることを期待しています。短期的な結果という点では、同業種、類似業種などの仕事で、具体的な結果が見られるポイントになりますが、中長期的には活躍しくれる可能性が低い場合でも、短期的に投資が回収できると判断されれば内定がでることもあります。しかし、短期的な業務をこなすだけでなく、会社をリードしてくれる能力を持っているか、又はそういう思いを会社に対してもってくれるかといったかという点が合格点に達していれば、内定を出さない会社はまずありません。

若手の採用と異なり、ミドル層以上の採用では「急激な変化はない」というところから能力や人間性などを見られます。そのためこれまでの業務実績、転職の回数や内容といったところもチェックされます。仮に能力的に合格だとしても、社内の若手に悪影響がでる可能性があったり、企業文化的に考えた場合に組織全体のやる気に悪影響が出るような場合は、内定が見送られることもあります。

求人情報を見るだけだけなく求人する理由とその狙いを見抜くことが大切

求人サイトで求人情報を何気なくみていて、気になったら応募をする。求められた資料を提出して、決まった日程に面接にいく、という普通の行動も悪いわけではありませんが、内定を勝ち取りたいと思うのであれば、裏側、背景をしっかりと考えることが重要です。どういう狙いで人を募集しているのか、今回求められるのはどんな人なのか、ここをしっかりと考えることが大切です。

おすすめの記事