転職活動では予想通りにいかないことが普通。だからこそストレスへの対処法を身につけておこう

転職活動は予想外のことが起こることも多く、そういうものだと考えておくことが大切

転職活動をする中で、最初はなんとなくはじめて、徐々に実感を持ってきて、少し先の予定をたてはじめるという人が多くいます。予定をたてるあたりから、実際にはストレスがかかることが多く、その原因は予定をたてたことにより、その通りに進めようとする意識と、その通りに行かない現実のギャップによって生まれます。なんとなく行う行動でストレスが生まれることはあまりないのは、目的が明確に存在していないからです。しかし、予定をたてるということは、その予定が目標にかわり、それと現実に起こることを比較して良い、悪いという判断が生まれます。ここを意識して転職活動も進める必要があります。そうでないと、より良い人生するための転職活動によって、逆に多くを失ってしまうことがあるからです。予想していないことが起きる、それが転職活動だと思うところから始めると、良い結果を得やすいわけです。では、具体的には転職をする過程で、どんなことが想定外に起こるのかを少しご紹介していきましょう。

求人に応募したら予想したよりも早く内定がでて早く入社してほしいといわれる想定外

なんとなく転職を考えて、求人サイトをみて軽い気持ちで応募してみたらとんとん拍子に話にが進んで内定がでて、その上ですぐにでも入社してほしいと要求される。本来、内定がとれてうれしいはずなのに、自分の転職活動における心構えがしっかりできていない状態であったり、予定していた転職時期と違うタイミングでの入社を要求されるとストレスが生まれることがあります。責任感が強い人、まじめな人ほどこのストレスは多く、せっかく内定がでたのだから要求に応じるべきではないだろうかといったような考えをしてしまうためです。当然、選考の中で転職される時期について説明をしていると思いますが、それは求職者側の都合で、求人企業側の都合とのすりあわせは、最後にどうしても生まれます。ここでどういう答えを出すべきかは、状況次第で変わってくると思いますが、こういうことが起こるということはしっかり覚えておきましょう。重要なのは「こういうこともある」とストレスに感じないようにすることです。

退職をしようと上司に相談したら、予想を大きく上回る引き留めにあう想定外

次によくあるのは、今働いている会社に退職の意思を伝えた時です。いつ、退職をしたいと伝えて、それですんなりわかりましたとなれば、寂しい気持ちも生まれはしますが、それでも転職先の企業への一歩が進むことになりますが、想定外となりやすいのが「予想を上回る引き留め」です。大切な仕事をしている人ほど、そして辞めるそぶりがない人ほど、退職の意思を伝えると上司は驚きしかなく、まず相談をしてきます。少しずつ話し合って、予定通りの退職がはっきりと決まれば一安心ですが、待遇面の見直しであったり、社内におけるキャリアの見直しの提案や職位の提案など、好条件を提示してでも、なんとか引き留めを行ってくる場合もあります。こうなると、険悪な関係にない限り、情もあるため、転職したいけれど今の会社の人にも迷惑をかけたくない自分と、転職先との話とで、良心のある人であればあるほど、そこにストレスが生まれます。こうした時も想定通りであると思えるかどうかが重要で「こういうこともある」と考えて、ただひたすらに自分の希望を、自分に問いただしましょう。他人よりまえに、まずは自分を幸せにすることに集中することが大切です。

転職活動は新しいキャリアを切り開く第一歩ですが、いくら予定をたてていても、その通りに進むことは皆無です。その時々にあわせて、柔軟に考えて、予定通りにいかなくともストレスを感じないように意識を持つことが重要です。そして一番重要なのは「その結果として幸せになれるだろうか」という問いをすること。そこでYESという答えが出る方を、常に選択し続けるのが転職活動を成功に導くためには重要です。

おすすめの記事