求人情報に書かれていることはごく一部。面接で絶対に聞いておきたい質問事項

面接での「ご質問はありますか?」は不明な点を聞くだけのポイントではない

転職でも就職でも、応募をした後、選考が進むと必ずといっていいほど面接があります。その時、必ずとっていいほどあるのが「何かご質問はありますか?」という問答です。この時、この機会をどういかすかで、内定率も違えば、入社後の転職の成否もかなりかわってきます。特にありません、といった回答で終わらせるのではなく、自分のアピールもしながら、かつ、入社すべき会社かどうかを見極めていきましょう。

まずご質問はありますかという時に、本当に疑問に思ったことを質問するのは間違ってはいませんが、チャンスの使い方としては不適切。この質問を通して自分をPRすることもできれば、評価を下げることもできてしまいます。事前にしっかりと準備をして臨む必要があります。

応募する求人にふさわしい考え方をもっている人間であるということを質問という場を通してアピールしよう

単純労働などでの労働力だけを求められている場合などの場合は、ただの質問をする場として考えても大丈夫ですが、将来的に会社の中核を担う可能性があるポジションの採用や、中長期的に定着して会社を支えていってほしいと思うような職種、職位の人材募集の場合、質問する内容そのものも、その人の評価に利用されます。

求人の内容にもよりますが、もしマネジメントサイドでの人材募集であった場合、会社目線で好ましい人間であれば、要求しないようなこと、気にしないようなことを質問をすべきではありません。たとえば、休みのことばかり気にしたり、労働時間ばかり気にするような質問をするだけで、ビジネス、事業に関する質問は一切ないとなれば、評価は下がることでしょう。逆に、そうした自分の質問以上に、事業の成長性や、現状の見通し、今後の市場における解決すべき課題としてどういうことを考えているのかなど、事業責任者の人間が考えるようなことをたくさん質問したとすればどうでしょうか。質問はただ単に不明な点を質問するだけでなありません。「私はこういうことを重視しています。いつもこういうことを考えています。」ということをアピールする場でもあります。

あなたが応募する求人に求められる人材をまずは考えよう。ふさわしい人間が質問すべきことをしっかりとまとめておくのが最善手

質問を考える際に重要なのが求人情報をしっかりみて企業側が「こんな人を採用したい」というロールモデルとなる人物像です。その人物であれば、どういうことを気にするのか。ここをしっかり考えることが重要で、ロールモデルの人間に近づけば近づくほど、応募した求人の内定を手にできる確率が高まります。しっかりと分析して、是非とも転職活動、就職活動を成功に導きましょう。

おすすめの記事