良い会社ってなんだろう?そこを真剣に考えると自分のキャリアが見えてくる

給料が多い会社?休みが多い会社?あなたにとって良い会社ってなんですか?

みんな良い会社で働きたいと考えています。でも、周りの社会人に聞いてみた時に自分の会社のことを「良い会社だよ」という人はあまりいません。それはその会社が悪いからではなく、多くの人が実際には「良い会社」がどういうものかわかっていないからなんです。あなたはこれから良いキャリアを歩みたい、仕事につきたいと考えているはずです。でも、その前に考えなければいけないのが良い会社ってどんな会社ですか?という問いに対する答えです。一般的にいってしまえば、良いとされる会社というのは次のようなことがいわれいます

  • 給料の良い会社
  • 休みが多い会社
  • 社員を大切にする会社

どれを見てもなるほどと思えるものです。でも、ここで冷静に考えなければいけないのが給料が良いっていうのはいくら以上のことなんでしょうか。休みは何日以上あれば多いんでしょうか。社員を大切にするって、具体的にはどういうことでしょうか。世の中でいわれる”良い”という条件は曖昧なものがほとんどで、実態がありません。だからこそ、現実なのか、それとも幻想なのかがわからず、みんなより上をみて現状に対して不満をためていきます。まず、冷静に、しっかりと良い会社の条件を考えてみましょう。

給料は高いほうが良いのは当然。でも、数字以上に考えなければならないのはその仕事に就くまでに必要な努力の量と入社してから求められる労働の質と量で考えてますか?

給料はいくらほしいですか?と聞かれれば、それはみんな高い数字をいいます。実際に求人を探すときも給与はみんなが気にする最重要項目。給与が高い求人は応募を獲得する確率できる高いのは当然です。でも、何の努力もなく、それを手にすることはできません。重要なのは給料と、それを手にするための対価とのバランスです。たとえば、何の努力もしないで年収1000万円の仕事につくことができ、仕事そのものも一般的な社会人のものと大きく違わないのであればこれはとても良い仕事です。しかし、実際にはそういうことはなく、能力、人間性、経歴、どれをとっても高い給与ほど、高い何かを求められます。つまり、高い給与をもらうための投資を行ってきた人、それは勉強かもしれませんし、仕事かもしれませんし、人間としての忍耐かもしれませんが、何かを行ってきた対価として、高い報酬が得られるわけです。結局のところ給与が良いということは、たくさんの努力をする、もしくはしてきたが、それを報いてくれるのが良いといっていることと同じです。努力なくして高い報酬はありません。しかも、普通の人を圧倒的に凌駕する努力です。それを楽しめる人にとって、高い給与がついてくるわけですから、その努力もひっくるめて、良いということになるわけです。

努力は人並み以上はしてきていないし、これからもしたくない、と考えるのであれば給与が高いというのは良い会社の条件ではないかもしれません。もし、入社したとしても要求される仕事に、はげしいストレスを感じて続けていけないかもしれません。

休みが多いのは良いことだ。でも、世界のすべての企業、労働者が同じように休まない限り、いつからはピンチがやってくる可能性が高いことをを知ってますか?

休みが多いということをアピールする求人情報もあります。これは休みがもらえないよりは、当然もらえたほうがいいからですが、休みが多いということがどういうことか、そしてどうなっていくのかをしっかりと考えた上で、それを良い会社とするか決める必要があります。

まず、休みが多いと会社では何が起こるのか。当然ですが処理できる業務量は減っていきます。そうなるとどうなるのか、当然、売上や利益は減っていきます。では、会社目線で考えて、休みを与えなければどうなるのか。法令等のことは一旦おいて話をすれば、社員は疲労で生産性が落ち、休みを増やすのと同じように 処理できる業務量は減っていきます 。つまり、休みは「適正な生産性を保つために必要なもの」というものになります。

ここに昨今の法令的な点と、世の中の風潮を加味して、休みを増やして良い人材を集めようとする会社が増えてきています。しかし、休みが適正量を超えるとどうなるのかまで考えた上で「休みが多いのは良い会社だ」という人は多くはありません。

ビジネスの世界は競争です。仮に自分が休んでいても、会社が休んでいても、市場は休むことなく動き続けます。一般の社会人が休みの日であっても、サービス業の飲食店やコンビニは営業しているのと一緒です。そのため、もし同レベルの社員で、同レベルの生産性の会社であったとする、市場内の平均以上の休みを会社がとると競争に確実にまけて、その会社はゆるやかに落ち込んでいきます。つまり、適正量の休みが設定されている分には問題ありませんが、休みが多すぎるとどうなるかというと、倒産する会社になることを意味します。それが本当に良い会社でしょうか。

世界中のすべての競争相手となる企業が、一斉に大量の休みをとる場合は、そうはなりませんが実際にはそういうことはありえません。良い会社の条件として安定していることが含まれるのであれば、休みは適正量であることを考える必要があります。

社員として大切にされたい。けれども、みんなが満足するものは、実際には存在しないことを知っていますか?

価値観が多様化した現代において、社員を大事にするということほど難しいものはありません。多くの人は社員を大切にする会社の求人に応募したい、そして内定をもらいたいと思っています。しかし、社員を大切にするという以前に、何をもって大切にされているというかは人によってかなり異なります。

まず社員旅行などで会社がコストを負担して行う行事はどうでしょうか。会社としてはコストを負担して、みんなを慰労し、かつできれば親睦を深めて業務を円滑にまわせる状況を作り出したいものとして行われるものです。ここで全員が「大切にされているな」と感じるでしょうか。もちろん答えはNOです。では、次に四半期ごとに行われる全社で打ち上げが行われて、その飲み会の費用を会社が負担するというのはどうでしょうか。こちらもNOです。人によっては、飲み会の場が嫌い、無駄な時間と感じる人もいます。では、いったい何をすれば社員を大切にしている会社なのでしょうか。実際にはみんなが満足するものがない以上、社員を大切に思うための施策は存在しないということです。

仕事において存在するのは打算です。従業員満足度を上げることで、就業率を上げる、応募率を上げるというものです。モチベーションがあがれば生産性もあがります。企業にとってすべて投資です。それと同様に働く人も、同じく人生の時間、そして能力を投資して、リターンとして給与を得るという打算で動きます。ビジネスの世界では、この打算によってバランスがとれている状態が良い状態といえます。社員と企業、双方がそれぞれ適正なものを投資しあい、そして双方が受け取れているか。そのバランスはとれているか。良い会社というのはこのバランスが優れている会社のことです。

実在しない空想の会社を考えるのではなく、実態のある会社、制度から考えて良い会社を見極めることは、キャリア形成、転職活動などにおいてとても重要なものです。現実を見て、しっかりと取り組んでいきましょう。

おすすめの記事