転職市場で評価されるためには、まずは社内でも評価される人間になろう

戦略も準備もなしでなんとなく不満がたまったから転職すると失敗する理由

転職にはポジティブなものとネガティブなものがあります。前者はキャリアを考えた時の次のステージに移るもので、退職する会社に対して負の感情があまりないようなものです。後者は、働いている会社に不満があったから、不満がなくなる会社の求人を探して場所を変えるというものです。

この2つは他人から見ると一見して違いがわかりません。しかし、転職の成否という点でいうと、かなりの確率で、2つは全く異なる結果にたどり着きます。戦略的に考えて次のキャリアとして予定通りに転職していく人は、大多数が転職も成功します。対して、不満を解消するためだけに転職をする人の多くは、残念ながら失敗に終わります。両者を分けるものはいったい何か。それは言葉にすれば「準備の量」と「現実の認識」によるものです。

戦略的に考えている人は、何歳までにこうなりたい、こういう仕事ができるようになりたいという希望を持ち、そのために努力を続けてきています。その上で次は、どういった会社で、どういう仕事をしていくことで自分の希望のキャリアになるかを定めており、そこを元に実行に向けて、少しずつ時間をかけて、確実に実行をしていきます。当然、そのなかでビジネスについての認識、現実も把握していきます。努力や忍耐なくして成功できるわけがないという当然の現実です。当然、そういう人が応募してきて、面接にまでいったとすれば高評価を受けます。良い会社から良い評価を受けるのは当然です。結果として希望する会社の内定を手にする確率も高まるはずです。

それに対してネガティブな転職、不満があるから辞めるというタイプの人は、不満がたまってあるきっかけを境に急に事前の準備をしてこなったなかで突然、転職活動をしがちです。ここでいうネガティブというのは、会社に問題があることが明らかで、だれであってもネガティブであり、転職することが致し方ないという場合は除かれます。目線の高い人、客観的な視点を持つ人から見ると「社会人であれば忍耐すべきレベルの事項」であったり「本人の問題によるものなので会社による問題ではない事項」であったりで、不満がたまっただけであれば、それは明らかにネガティブな転職です。この場合、多くの方は社内で評価される状態になく、それは求人に応募、面接に進んだ場合でも、面接官も同様の評価をするはずです。本人に問題がある場合、それは会社を変えても問題はなくならず同じ問題が必ず発生します。良い会社であるほど、そうした自分目線が強く、客観的な観点で評価ができない人、その上で会社に不満をもつような人は、採用はしません。良い会社であるが故に、たくさんの応募はあり、より良い人、一緒に働きたいと思える人を選ぶからです。キャリア形成のために努力などはしてこなかった状態で、不満があるから辞めるとなれば、それは相手にも伝わります。良い会社からはなかなか内定をもらえないでしょう。内定をもらえる会社で気を付けたいのは「そういう人間でもほしい」と思える状況にある会社である確率が高いということです。いわゆるネガティブな状態にある会社は、とにかくなんでもいいので人が欲しいという状態にあります。そうしたところに、そんな人がいったとしたら、転職は失敗してしまうのは火を見るよりも明らかですね。

転職を成功させたいと思ったら求人サイトを見る前にまずは自分の社内評価を上げる努力をはじめよう

良い転職は常に戦略的であるものです。もちろん低い確率ではありますが、突発的な行動であっても成功することはありますが、そんなギャンブルのようなものではなく、確実に良い仕事につき、良い人生を歩んでいきたいのであれば、戦略的に考え、しっかりとした準備を行っていきましょう。その最初の一歩が「今の会社で評価される人間になる」ということです

どんな会社でも評価される人はいます。確率は低くはなりますが、ある会社でだけ評価されるという人もいます。どうせ目指すなら前者であるべきです。そしてこの手の人はまず最初に「評価されるポイント」を見極める能力を持っています。なんとなくやって、なんとなく高い評価を受けているわけではなく、まず最初にゲームのルールを徹底的に分析をしているのです。一番簡単な方法としては今いる会社で高く評価されている人たちを分析し、どういう行動、言動が評価されるのかを調査し、それを徹底的に模倣していくということです。

それで高い評価を得られるようになれば、環境が変わっても、同様の手法でその組織内で評価される人間になることができるはずです。決して偶然に社内で評価されているわけではないのです。練習をして、そうした能力を身につけるためにも、まずはいまいる会社でそこを徹底的にやり、それを達成してから転職活動をはじめましょう。

目指すはどんなところでも結果が出せる人間になり、その後に戦略的に次のステップとして転職しよう

ビジネスというもの、働くということは、そもそも不自由であり、誰がやってもストレスを感じる部分は少なからずあるものです。そして働いている人、ほぼすべての人が、評価や給与、仕事内容や人間関係、いろいろなものに悩みを抱え、不満を持っています。しかし、その中であきらめて何も考えずにいる人になってしまうと、結果として損をするのは自分です。そんな状態でも、しっかりと目標を立て、結果を出して評価される人間になることを目指すのは、転職にも大きなプラスに働くはずです。まずはいまできることをしっかりやり、評価される人を分析して模倣するところから始めてみてはいかがでしょうか

おすすめの記事