気になる求人が派遣での募集だった時にしっておきたい、派遣社員として働くまでの流れ

派遣の求人への応募は事実上の派遣会社への登録

雇用形態を問わずにいろんな求人情報を見ていると一定の割合で登場するのが派遣社員の求人です。正社員やアルバイトの求人は応募すれば、書類選考、面接、採用というのがなんとなくわかるけれど、派遣社員はどうなのかというのは、派遣で働いたことがない人には知られていません。雇用形態を問わず、あなたのキャリアにとってプラスに働くのであれば、応募をしてみるのは良い選択といえます。派遣社員で募集する魅力的なく求人に応募をした場合について、ここでは紹介をしていきます。

まず、派遣の求人情報は応募してすぐに選考がはじまるわけではないことを知っておきましょう。派遣の求人は事実上の派遣会社への登録を意味し、最初は登録会、説明会といったものに行き、書類に記入、担当の方と面談のようなものを行うのが一般的です。面談ではこれまでの経験や、仕事の希望などを聞かれたり、会社によっては簡単なテストのようなものがあるところもあります。そして登録が無事に終わった後、実際に応募をした求人の話に移ります。

派遣は応募した求人の選考が必ず進むとは限らない。面談の結果、違う求人を進められることも多い

正社員やアルバイトであれば、応募したらそのまま求人の選考がはじまります。しかし、派遣の場合は少し事業が違います。面談の結果、応募した求人ではなく他の求人を進められることがあるためです。派遣の求人情報は、派遣先の求人情報を預かって掲載し、そこへの応募を兼ねて、登録をしてもらうためのものです。実際に選考に進めるべきかどうかは、ある程度、派遣会社が判断し、お客様に選考を依頼していいかどうかを決めていきます。応募した求人よりも就業が決まる確率が高く、その上で登録者の希望にもあった求人があった場合、そちらを優先して紹介してきます。もちろん、それを断ることもできますが、派遣会社はビジネスの特性上、選考が進み、就業が決まってほしいと考えています。つまり、決まる確率が高いものを優先して紹介することになります。逆に言えば、プロの目線でみて選考が通る可能性が低い場合に、他のより可能性が高いものを紹介してくるわけですから、働くことを優先する場合は受諾して、別の求人であっても納得できるものであれば選考を進めてもらうほうが良い判断であるともいえます。

納得がいく仕事を見つけるためにはいくつかの派遣会社に登録することも視野に入れよう

派遣会社への登録は1社に限定されているわけではありません。もし、登録した派遣会社で納得のいく求人を紹介してもらえず、また対応についても納得ができなかった場合は、他の派遣会社にも登録してみましょう。会社によって紹介する求人情報が違うだけでなく、スタッフに対するサービスも異なるため、自分の希望にあわせて、最適な派遣会社に登録することが良い仕事に就くための近道ともいえます。

おすすめの記事