転職でも大事なのは戦略+すぐやる力。考えるだけじゃなくしっかり行動しよう

何事も実行力が大切。転職においても良い求人はすぐに採用が決まって終わることも。すぐに行動することが重要

転職を考えたらまずいろんなことを考えます。それは自分のキャリアプランであったり、現状の仕事についてであったり、転職に対するリスクであったりと様々です。いろんなことを考えていくと不安もでてきますし、その先に答えも見つかります。でも、そうすると次の疑問や不安がでてきてと、考えることが止まらず、ずっと考え続けていつまでたっても行動できないという方も多いのではないでしょうか。しかし、これは自分の趣味などであればその考えている時間そのものにも価値があるので問題ではありませんが、転職などの場合は話は別です。

転職は求人があって、そこに応募、内定をもらい、新天地で働くことを目指す活動です。当然、たくさんの人がその求人を目にして、のんびりしていると誰かの選考が進んで、募集が終わってしまうこともあります。転職活動における目的から考えると、のんびりしているとチャンスを逸してしまいます。もちろんあわてて希望ではない会社に応募をする必要はありませんが、もしキャリアを考えた時により良い求人と出会えたのなら、そのチャンスは是非とも活かしていきたいものです。やるべきことを、すぐにやることは転職を成功に導く大切なアクションです。

すぐにやる。でも常に冷静にが鉄則。感情的な判断は転職を失敗させる要因のひとつ

行動が重要とはいってはみても、それはチャンスを逃さない、結果を出すためにです。行動すること自体が目的ではありません。すべては転職を成功させるためのアクションです。そのためにも行動をする際にも常に冷静さをもって、感情的ではない、論理的な判断で良いものを選んでいきましょう。

特に気を付けたいのは面接の際などです。面接官との相性がいいと、大切な聞くべきことを確認するのを忘れてしまったり、条件として冷静に考えるとあまり好ましいものではないものの、感情的に好感をもったというだけで入社を決めてしまったりということが起こりえます。

転職を行う上では常に冷静さを保つことも重要です。説明しにくい、印象、そして感情といったものも重要ですが、できれば数値で現れるもの、雇用契約書に記載される事項という明確なものを冷静に判断し、その上で判断をいれていければ、成功の確率はぐっと高まります。

新しい一歩を踏み出すのは、誰しも期待と同じくらい不安もあります。でも、不安に負けて行動を起こさなければいつまでたっても現状は変わりません。キャリアビジョンから考えた時、あなたに必要だと思う転職であれば、そしてその求人情報があなたの理想に近づくために重要なものであれば、悩まずまずは踏み出してみましょう。百聞は一見に如かずの言葉の続きに「百考は一行にしかず」というものがあるのをご存知ですか?百回考えるよりも、1回の行動のほうが得るものが大きいといううことです。冷静に、かつ迅速に行動することを心がけましょう。

おすすめの記事