求人情報に載っている「応募条件」を満たしていなくてもあきらめない。ひと工夫をいれて応募してみよう

求人情報に掲載されている情報は多くの場合は絶対的なものではない

仕事を探しているときに求人情報で気になる項目のひとつに「応募条件」や「求める人物像」といったものがあると思います。年齢、能力、学歴、職歴など、こうした人材を求めていますということを紹介するものになります。それを見た時に自分が該当していれば何も問題はありませんが、もし外れていた場合が問題です。特に気になる求人でもないのであれば、じゃあ、次の求人を探そうというだけですが、もし気になる求人であったとすれば悩ましい問題です。条件を満たしていないから応募をあきらめるか、というようなことを考える人も多いと思いますが、知っておいていただきたいのは求人情報に掲載されている情報は、ほぼすべて絶対的なものではないということです。

企業が欲しいのは有益な結果を出してくれる人。求人情報に掲載されているのは、結果を出すであろうと思う想像上のサンプルに過ぎない

求人情報に掲載されている情報は、ほとんどの情報は平均的なもの、参考情報に過ぎないものです。たとえば給与なども掲載されている情報は標準的なものにすぎず、中途採用などの場合は、能力や経験によって、企業側が是非とも迎え入れたいと思ったのであれば、記載された金額以上の給与で雇用契約を結んでくれるはずです。応募条件や求める人物像といった項目も同様で、こうした人であれば、この求人の仕事にふさわしい可能性が高く、前向きに検討をしたいと考えていますという表明としてみるのが正解です。この条件を満たさない限り、絶対に応募すらしないでくださいとまでは思っていません。もちろん、条件が厳密な場合もありますので、必ず大丈夫というわけではありませんし、期待される条件から外れすぎている場合は、企業側として選考を検討することは難しいのは言うまでもありません。

しかし、企業が作っている求人票に載っている情報は、絶対的なものではないということを踏まえて、もし条件とのずれが大きい場合であっても、気になる求人なのであれば迷わず応募しているのがおすすめです。だめであれば他の求人を探せばいいわけですから、応募すらせずにあきらめるのではなく、まずは行動を起こし、相手の判断を待ってみるというのが良いでしょう。失敗を恐れずに挑戦してこそ、望外のものが手に入る可能性がでてくるというものです。

条件から外れている求人に応募する際のひと工夫

絶対的な条件でないからと、ただ応募する前に少しだけ工夫をいれてみましょう。まず常に転職や就職などにおいては「採用者の立場で考える」ということが需要です。たとえば書類選考、面接など、選考を行う人たちの立場で考えた時に、条件を満たしていない人からの応募があったらどうかを考えて、そこを踏まえた対策を入れると内定の可能性は高まっていきます。当然、該当しない人であるわけですから、選考を積極的に進めたいという気持ちにはならないはずです。サンドイッチを買いたいと思ってコンビニいいったら、おにぎりしか売っていなかったと状況に近いのですが、そのおにぎりに「サンドイッチをやめてこれもいいかも」と思わせる魅力がなければ、他のコンビニにサンドイッチを探しにいってしまうはずです。コンビニの例でいえば、それは変わり種の具材であったり、新商品や限定商品という希少性であったりするわけですが、応募者においてはどうでしょうか。まず条件を満たしていないことを認識していること、それでも応募をしてきた理由、それが工夫をするポイントとなります。そもそも認識もしていない、ただのうっかりさんからの応募だと思えば、さっさと他の選考を進めるだけになるかもしれません。しかし、分かったうえで「応募せずにはいられなかった」理由があれば、そしてその理由が「求人している企業にメリットがあるもの」であれば、条件を満たしていない場合でも、ぜひ選考を進めてみたいと思うはずです。

人材を募集している人たちも同じ人間です。合理性だけで判断することはなかなかできません。少なからず好き、嫌いという曖昧なものも反映されることもありますので、そういった部分をしっかりと踏まえた工夫は内定獲得に向けてきっと役に立つはずです。熱意、誠意、そして感謝といった、仕事の能力だけはないところをしっかりと工夫して入れて、求人に応募してみましょう。

おすすめの記事