やっぱり給与にこだわりたい。高い給与、満足のいく昇給を手にするためにやるべきこと

やりがい、キャリア、好きなこと、いろいろあるけど仕事である以上はやっぱり収入にこだわりたい。お金にこだわるのは悪いことではありません

どうしてこの仕事をしているの?という質問、友人たちとの間では良く出るもののひとつですが、その時に「お金がいいから」というのは、標準的な日本人からすると少し良くない見られ方をするのは事実で、それを知っているからこそ社会貢献、やりがいなど、いろんな理由を一生懸命考えて話す方も多くいると思います。学生の就職活動もそうですが、中途やアルバイトなども含めて、なぜその仕事をしたいのかということに対して、しっかりとしたキャリアプランや社会貢献などの利他的な思考で本当に行動を起こしているのは少数派です。多くの人の仕事探しは、なんとなく良いと思ったからというものです。立派な考えをもった人間だと思われたいという欲求は、当然誰しももっているものですが、利他的な思考にとらわれるばかりでなく、まずは自分を幸せにすることを優先するのも悪いことではありません。

自分を幸せにするために重要な要素のひとつが「お金」です。給与は仕事をする上でとても重要なものであり、周囲からどう思われようとも、仕事をする上でそこにこだわるのはおかしいことではないということを知っておいてください。ただし、他の人と同じことしかできない、同じ価値しか提供できないのに他の人以上に高い給与を望むのは、わがままであり、批判されることも致し方ない行為です。重要なのは「今よりも高い価値を提供する対価として、より高い給与をもらう」という考え方で、働いている企業やお店に、より大きな利益を生んで提供することができるのでれば、その一部を還元してもらうことは、おかしなことではありません。

高い給与を手にしたいのなら「社内で高い給与をもらっている利益を生み出している人」を見つけるところからはじめよう

多くの人は給与は決まっているもので、なかなか変わらないと考えています。それはほぼ事実ではありますが、一方でそんなことは全くなく、どんどん給与が上がっていく人がいることも事実です。では、この2つの事実は何を意味するのかというと、会社からすると給与を上げるメリットがある人と、あげるデメリットしかない人が存在するということに他なりません。

まずあなたが事業責任者、又は社長だとします。部下のAさんの給与を2倍にすると、売上と利益が2倍になるとしたらどうでしょうか。当然、給与を2倍にすることにリスクはまったくなく、それどころか3倍にしたら、売上や利益も3倍になるだろうか、10倍だとどうだろうかというところを考えるようになります。高い給与を払う分、売上、利益が伸びるか、この答えがYESである以上は企業側からすると昇給させない理由がなにひとつありません。

逆に、給与を2倍にしても売上や利益がかわらない、むしろ給与分のコストが増えた分、利益がへってしまうとしたらどうでしょうか。当然それはリスクであり、企業側からすればデメリットにしか見えません。給与が上がる、かわらない人に間には、こうした違いがあります。

では、それを理解した上で給与を上げていきたい、高い収入を手にしたいと思ったのであれば、まず最初にやるべきは「社内で利益を生み出している、高い給与をもらっている人」を探すことです。様々な部門、役割があり、それぞれのところで、責任者がいます。当然、利益を生み出すことに関与しない間接部門でも、それなりの給与をもらう人はいますが、それでも直接、売上や利益を生み出す人と比べると相対的に低くなりがちです。給与にこだわるのであれば、まずは売上、利益をしっかりと生み出す、だれから見てもそう思えるところでロールモデルとなる人を探しましょう。

本当にお金にこだわりたいなら徹底的にロールモデルを模倣しよう

とにかくお金が欲しい、稼ぎたいと考えたのであれば、いろんな気持ちをいったん無視して、調査した結果、最も稼げている人の模倣を徹底的にしましょう。まず部署や仕事内容を、同じものにできるように希望を出し、もし転属できれば、その人が行う行動を徹底気に模倣していきます。その人は1日にどれくらいの仕事をこなすのか、朝はどういう行動をとっているのか、会議中はどんなことをするのか、すべてをメモして、できるところから徹底気に模倣して自分に取り入れていきましょう。

結果のほとんどは行動、そして行動の積み重ねによって生まれる習慣によって生まれます。良い行動の積み重ねが、良い結果を生むわけです。仕事で結果を出せない人の多くは無能なわけでも、劣っているわけでもありません。結果を出すために必要な行動を、適切にとっていないだけという場合がほとんどです。

お金を稼ぐのは仕事というものを考えた時に重要な目標のひとつです。口に出すべきかどうかは、周囲にいる人たちの特性にもよるので考えなければなりませんが、少なくともあなた自身の内なる目標として持ち続けるのは、誰からも非難されるものではありません。ぜひ、頑張って満足できる給与を狙っていきましょう。

おすすめの記事