書類選考が通っていよいよ面接。そんな時に知っておきたい面接前の事前準備と対策

入社したい会社の求人へ応募、書類選考が通っていよいと面接。緊張する前に、まずは冷静に対策と準備を進めよう

就職や転職活動のなかで、求人を探すところまでは比較的楽しい作業ですが、応募して、その後の書類選考、そして面接と進むごとに少し重い気持ちがでてくるのは当然のことです。入りたい会社であればあるほど、面接となると何を聞かれるんだろうか、どんな格好でいくべきか、どんな準備が必要だろうかと必要以上に緊張してしまうのは人間であれば当然のことです。しかし、本命であればあるほど最初にすべきは冷静になるということです。緊張している暇はありませんし、何もしないなど問題外で、ここは冷静に準備と対策を進めていきましょう。まず書類選考が通っているわけですから、面接次第では内定がもらえる可能性があるわけですから、しっかりとそのチャンスを活かしていきたいところです。

面接の内容を事前に把握できているか?わかっていなければ、求人企業に問い合わせをしてみるという方法もあり。面接の際には簡単なテストを行う会社もあるので心して挑もう

内定を勝ち取るためにもできればやっておきたいのは面接の内容の調査です。どういった人がでてきて、どんなことを面接なのかです。一般的な面接は、訪問して書類をもとに質疑応答を繰り返していくというものですが、会社によっては面接の際に、簡単なテストも同時に行うという場合もあります。特に技能系の仕事であれば、口頭だけでなく、実技に近いところを見てみたいという企業は多いため、簡単なテストを面接と一緒に行うということがあります。会話するだけだと思っていってみたら、いきなりテストとなってしまうとどうしたって少なからず動揺してしますものです。どういったことが面接で行われるのかについては、求人企業に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。この時、「面接の際に持参するものなどありますでしょうか?もし、テスト等があり、持参する必要があるものなどがあればお教えいただきたく、お問合せをさせていただきました」といったように、質問をすると、さりげなく面接にテストが含まれるかどうかも確認することができます。選考のなかでテストを行う会社の多くは、事前に採用までのフローなどで、そうしたことがあるということを紹介していることが多いため、唐突にということはあまりありませんが、それでもできればしっかり聞いて、把握をしておきたいところです。

さあ、いざ面接となったらベストを尽くすだけ。でも、少しでもプラスを作るためのテクニックとして、とにかく「積極的にすべてに感謝」をしていこう

どんな人が面接官を担当するのか、どんなことが聞かれるのか、テストはあるのかなど、ある程度の情報を集めて、準備が終わったらいよいよ面接です。面接となったら、とにかく準備をしたことを活かしてベストを尽くすだけではありますが、この時、当落線上にいた場合などは、しっかりとテクニックを使って頑張っていくことで結果がかなり変わります。能力を短期間で劇的に変えることはできませんが、会話中の姿勢と、話し方は変えることができます。難しい知識を身につけるためには時間がいりますが、語尾に「ありがとうございます」とつけるといった、そういったプラスアルファのテクニックは短期間でも身につけることができるのでおすすめです。

すぐにできて、結果が変わりやすいテクニックとしておすすめなのが「積極的にすべてに感謝する」というものです。面接のお時間をいただいてありがとうございます、といったものや、ご質問を頂いてありがとうございます、といったものなど、とにかく受け身で回答だけをするのではなく、何事にも感謝を積極的に言葉と態度で示すというものです。緊張しているが故に、ぶっきらぼうにみえてしまうといったことは稀にありますので、しっかりと言葉で気持ちを示すことは大切です。そして、やはり面接官も人間です。横柄な人よりも、礼儀正しい人が好きなのは間違いありません。事実として、暇な人というのはそれほどいないもので、面接の時間だって貴重なものです。この時、面接を受ける人が、時間を作ってきてやったと思うのであれば、それは態度や言動の端々で面接官に伝わることでしょう。逆に、忙しい中で面接をする時間を作ってくれてありがたいと思ったの出れば、それもまた面接官には伝わるはずです。

一番良いのは、どんな態度をとったとしても、どんな言葉を発したとしても、是非とも入社してほしいと懇願されるほどの逸材になることですが、そこまで突出した人間は現実的には簡単になれません。いま、すぐにでも実践できるプラスを考えて、それを面接の際に実践していき、希望する求人の内定を手に入れていきましょう。

おすすめの記事