転職をするときはできる限り今の仕事の先にある仕事内容を選ぼう。それだけでもキャリアが前に進んでいきます
Woman using mobile phone at rooftop during sunset with copy space, communication or lonely people concept

転職をしようと思って求人を見ているとき給与や場所から探していませんか?キャリアを考えるなら今の仕事内容にこだわってみるのもありです

求人サイトで仕事を探していると、多くの人は給与や地域、雇用形態といったものを優先して探す傾向にありますが、キャリアという点から考えるとできれば仕事内容にこそこだわっていきたいものです。短期的なことだけを考えれば、どんな仕事を選んだとしても大きな差は生まれません。しかし、キャリアというものは、どんな仕事を、どれだけやってきて、どんな積み重ねができてきた人間なのかを説明する作り上げるためにはとても時間のかかるものです。そして後から後悔しても簡単に塗り替えることはできないものであるからこそ、ひとつひとつ丁寧に、しっかりとした戦略的ストーリーに基づいて転職先は選んでいきたいものです。

一番良いのはしっかりとしたキャリアマップを作成して、それに基づいて行動をすることですが、どうしても大きな絵を描くのが苦手という人もいると思います。簡易的な良いキャリアを作っていく方法のひとつとして「今やっている仕事の先の仕事を選ぶ」というものがあります。たとえば、飲食店であればフロアを担当ていれば、次はお店を管理する店長を選ぶであったり、法人向けの営業を担当していれば、営業部の管理者を目指すといった具合です。

もちろん、一番良いのはより成長性の高い市場で、これから伸びていくであろう、ニーズの高い職種の仕事に就くことですが、そこまで考えるのは少し難しいなと思った時には今いる業界の、今の仕事の先に、順当進むとしたらどんな仕事があるかを考えてそこを目指してみるのがおすすめです。

無理だと思わずチャレンジする。そして成功の可能性を上げるために転職活動の前にしっかり経験を積み重ねていこう

次のステップを考えた時に「私にはできない」と考える人たちが多くいますが、今と同じ仕事を違う会社でやるだけでは、残念ながら大きなキャリア的なプラスは見込むことができません。もちろん、今いる会社の財務状況が良くなかったり、転職しないと生活していけそうにないといった事情があれば別ですが、基本的に同じ業界で、同じ仕事をすると、あなたのキャリアはあまり変わらない、停滞することになります。

転職はあたらしい、より良い人生を踏み出すための一歩になりえるものです。そのためにもせっかく変われるチャンスであるからこそ、思い切って仕事内容、職種、職位も、今よりも一つ上のものを目指して挑戦してみましょう。

もちろん、ただ挑戦するだけではもったいないので、できれば成功も目指したいところです。そのために今やるべきことのひとつに、今の職場において可能な限りに次のステップの仕事を担当している人の仕事をしっかり学び、できれば実際に体験してみることです。

会社の文化にもよりますが、多くの会社ではやる気のある人を歓迎する傾向にあります。現在、担当している仕事がまったくできていない、うまくいっていないのであれば、まずはそこをしっかりやりきることから始める必要がありますが、もし、今の仕事はちゃんとやれていると自分も周囲の人も思える状態ならば、社内で相談、提案してみるところからはじめましょう。「私にその仕事を少しでもいいので担当させてもらえませんか」と相談してみて、無理のない範囲から勉強、経験を積み重ねておくことをおすすめします。

どうやっても今やっている仕事の次がみえないときは、そんなときはゼロスタート

転職を考えて、次のステップを考えていったときに、どうやってもそれが見えてこないという人もいると思います。それはあなたの努力が足りないからではなく、そういう仕事だらかという可能性が高い状態です。その時にとるべき行動は非常にシンプルです。今の続きを目指すのではなく、いったんキャリアをリセットしてゼロスタートをきりましょう。

キャリアをリセットするのは非常にもったいないことではありますが、次がないとなれば現状維持が最大目標となり、この先にあなたのより良いものを手にできる可能性が低くなるわけですから、よりチャンスの多いところを目指して、ゼロから考えるのは致し方ないところです。

この時、ゼロリセットといっても、スキルは引き継げるところを探すと、少し有利な状態からはじめられるのでそこも検討してみましょう。たとえば、社内コミュニケーション、書類作成、PCやソフトの操作、クレーム対応など、今やっている仕事をスキルとして洗い出してみたときに、そのスキルが使える仕事を探していくという方法です。スキルは汎用的なものであるため有益ではありますが、業界や会社の文化によって調整が必要になることも多いため、能力分がそのまま転職先で効果として発揮されるわけではありませんが、少なくとも求人応募の後の選考の過程では加点ももらいやすい上に、キャリアとしても計算できるところを作ることができます。

キャリアというと難しく考えがちですが、どうしても複雑に、そして中長期的に大きく考えるのが苦手という人は、一歩先のところから考えてやってみてみましょう。

おすすめの記事