内定を手にするために面接を受ける際に気を付けたい、服装、目つき、姿勢、しゃべり方。

就職活動で意外に重要な外見の印象。基本的なところをしっかり抑えるだけで内定率はアップ

就職や転職活動をされる方であれば、多くの人が対策を考えるのが面接です。希望する会社の求人の選考が進むのはとてもうれしいものですが、同時に失敗したくないという気持ちが生まれ、緊張してどうしていいかわからなくなるということも少なくありません。どんなことを質問されるのか、どういう答えを言えばいいのか、いろんなことを考えて面接に臨む方は多いものですが、新卒の人たちを除くと、転職などでは多くの人が意外と気にしていないのが「身だしなみ」です。でも、ある調査によれば、話す内容以上に面接などで影響を与えるのは外見、身だしなみであるという結果もでているなど、内定をとりにいきたいのであればしっかりと対策を立てる必要があります。

身だしなみというと、スーツであったり、髪型であったりというところに意識が行きますが、外見のすべてが相手に与える印象を決めるということを考えていくと、実は目つきであったり、姿勢であったり、話し方であったりも、同様に考えていく必要があります。鏡の前にいるときの自分を知っている人は多いと思いますが、仕事や面接などの場で、どんな表情で、どんな姿勢で話をしているのか、そういった客観的な自分を知っている人というのはそれほど多くはありません。大学生などの新卒の就職活動などであれば、自ずと勉強し、徹底していく人も多いのですが、ある年齢を超えた人たち、特に中途採用などでは、自分のスタイルを持っており、そのまま面接に臨む人が多くなります。もちろん、普段通りの自然な姿で外見まわりも完璧というのは理想的ではありますが、そういう人は少ないものです。希望の企業の内定を手にするためにも、あらゆる「外見」について、基本をしっかり押さえて対策をうっていきましょう。

服装や髪型は基本中の基本。態度、目つき、姿勢、しゃべり方には特に注意をはらうようにしよう

服装は何でもいいという場合も増えてきていますが、それでもできれば清潔感のあるスーツが望ましいのは、男性、女性ともに代わりません。気を付けるべきはしわなどがついていないか、靴などは低入れされているかというように、とにかく清潔感があり、また、だらしない印象を与えないことです。着慣れない、サイズのあわないスーツなどは、だらしない印象になることもあるのでできれば避けたいところです。また、あわせて髪型も同様で、内面をまったく知らない人が見た時に、誠実な印象を持てる、清潔感のある髪型が好ましいでしょう。

こうした基本的な服装以外に重要になってくるのは「好印象」を与えるための態度、目つき、姿勢、しゃべり方です。普段、自分がどんな態度で他人と接しているか、人に良い印象を与えるための目つきやしゃべり方を心がけているか、そういったことを考え続けて生きているという人はなかなかいないのではないでしょうか。こうした点の少しの工夫で、相手に与える印象は全く変わってきます。たとえばしゃべり方であれば、受け答えのときの相槌の作り方と、その時に発する単語によって、相手に与える印象はかなりかわるものです。「はい」という人と、「なるほどなるほど」と連呼する人、「勉強になります」と表現する人、それぞれ印象がかなり異なってきます。こうしたことまでしっかりと意識して、あらゆる外見に配慮して、希望の求人の内定を勝ち取りましょう。

面接前の行動によっては”におい”が問題になることも。食事やタバコなどを楽しむ場合はにおいに気を付けよう

本人は気が付かないけど、周囲の人たちは一瞬で気が付くというものもあります。そのひとつが”におい”です。たとえば昼過ぎに面接が設定されていた場合、ランチを食べてから面接に赴くこともあると思いますが、この時、滞在したお店によっては服や髪に強いにおいが残っている場合があります。また、タバコを吸う人であれば、少しの時間の余裕があれば一服してから面接に赴くという人も多いと思いますが、この場合、服や髪だけでなく、しゃべる度に口から強いタバコ臭を放っていることを自覚する必要があります。

面接直前の行動は、自覚はできないものの、相手に与える印象を大きく変える場合もあるため、そういったことも踏まえて、面接当日の予定は無理なく、またある程度、計算した上で進めるようにしましょう。

おすすめの記事