国内トップの大企業で働きたいなら上場企業の時価総額ランキングをチェック!1位は世界に誇るあの企業

優良企業の代名詞でもある上場企業。その中でも市場から高い評価を受けていることを意味するのが時価総額ランキングで上位の企業

時価総額はその時の会社の価値を表す指標としても見ることができるもので、求職者が優良企業を見つけるためにも利用できるものです。ここでは上場企業の時価総額の上位企業をランキング形式でご紹介します。1位は誰もが知っている世界的な自動車メーカーであるトヨタ自動車。続くのはソフトバンク、NTTと情報通信系の会社が続きます。他には銀行系や商社などが並びますが、異彩を放つのは上位勢のなかで唯一の小売業ともいえるのがユニクロで知られるファーストリテイリング。小売業は軒並み厳しい評価を受けるところが多い中、世界展開に成功するなどこれからも市場拡大の余地が大きい企業ということで、市場からは高い支持を集めています。

順位会社名時価総額
1トヨタ自動車23兆2600億円
2ソフトバンクG10兆5849億円
3NTT9兆9918億円
4NTTドコモ8兆7349億円
5キーエンス7兆9991億円
6ソニー7兆5304億円
7ファーストリテイリ7兆3307億円
8三菱UFJFG7兆1687億円
9ソフトバンク6兆8145億円
10KDDI6兆7834億円
11リクルートHLD6兆291億円
12武田薬品工業6兆59億円
13任天堂5兆4326億円
14三井住友FG5兆3778億円
15オリエンタルランド5兆1171億円
16ホンダ5兆0955億円
17日本郵政5兆0895億円
18ゆうちょ銀行4兆9005億円
19JT4兆8900億円
20三菱商事4兆6668億円

*2019年7月17日14時時点

時価総額の高さは今と未来に対する期待の高さ。今後も成長する可能性がある会社は評価が高い

就職先、転職先として会社を探す場合、いまだけでなく今後の成長性という点も気になるところです。入社してから下降線をたどっていく会社に入りたいとはみんな思わないものです。今回ご紹介している時価総額は、今の会社の業績に加えて、将来性についての評価も反映されたものであるためそういった意味ではとても使いやすい指標といえます。将来性のある大企業に入りたいと思う方にはぜひチェックしてもらいたい企業ランキングです。

おすすめの記事