転職したら常識をリセットしよう。これまでの”当たり前“のままでは孤立して失敗に終わることも。

転職をしたのはいいけど失敗してしまったという人、結構な割合だといういうことを知っておきましょう。

もっと良い待遇、環境を求めて転職をしたものの、実際に転職して働き始めたら前の会社に残っていた方が良かったかもしれないと思う人、いわゆる失敗してしまった人というのはけっこう多いものです。失敗することがわかっていて、転職活動をする人はいるわけがなく、みんなより良い状態を目指して新天地を探して旅立っていくわけですが、思った通りにはいかなかったわけです。

まず、転職に限ったことではないものではありますが、実行したからといって必ずうまくいくわけではありません。失敗する時のことも考えて行う必要があり、そう思うからこそ、より良い判断、行動がとれるようになるというわけです。ネガティブな理由での転職活動は失敗する確率が高いともいわれる理由は、こういったところにもあります。他責な考え方で不満をためて、そうしたネガティブな理由で転職活動をすると「他の会社で働く」ということが優先されて、転職した後についての成功に対する優先度が下がりがちです。結果として働き始めてしばらくすると「こんなはずじゃなかった」という状態になる確率が高くなってしまいます。そうした事態を防ぐためにも、冷静に、そして、成功するために必要なことをしっかりと考えて活動を行っていきましょう。

給与や勤務時間、休日などの条件だけじゃなく、自分が本当になじんで結果を出せるところかを考えよう

転職する際に気になるのは労働条件で、給与は高い方がいいし、勤務時間は短い方が良いし、休日はできる限り多いとありがたい。そんなことを誰しも思うものですが、そうした雇用契約書に記載される内容だけでは、成功を勝ち取ることはできません。転職をした後、実際に働いているイメージをどこまでもてるか、そしてそこで馴染んで結果を出せるか、こういった点を考えることが重要です。

まず転職して新しい会社で仕事をはじめたら、それですべては終了、達成というわけではありません。そこからがスタートであり、スタートした後、その会社で活躍し、よい結果をだして、さらに良い評価、待遇を手にするところまでいって、はじめて転職して良かったといえるわけです。まず中途であれば、何かを期待して採用されるわけですから、雇用契約書に記載されるような条件も、その期待に応えてくれる前提のものとなっています。たとえば、営業で採用されたのであれば、期待されているのは売上です。その場合、次の会社でそうした結果を出せるかどうか、逆に出せなかったどうなるのかを考えることは、とても重要です。まず、周囲となじんで、協調性をもって働き、これまでと違う環境、ルール、商品などを販売できる必要があります。売ってくれると思っていたのにまったく結果を出せない状態が続けば、自ずとその会社で立場はなくなり、待遇も悪化し、最悪の場合、再度転職を行う必要がでてきます。そんな事態に陥らないように、求人をしている企業で自分が活躍できるかどうかをしっかり考えておく必要があります。

失敗する確率が高いのは転職先の企業の文化ややり方を否定し続ける人。郷に入っては郷に従えで、新しい職場のみんなを尊重して、その上で結果を出しに行くことが重要

ちゃんと自分が活躍できるイメージをもって、これは良い転職なるはずというところを確証することができたら次は転職先の会社に入ってからです。まず失敗する人というのは、多くの場合、柔軟性がありません。自分のこれまでのやり方を変えることができず、自分を中心に考えるが故に、新しい環境に合わせることができないのです。一番ありがちなのはこれまでの経験を、新しい職場に押し付け、転職先の職場の批判ばかりする人です。もちろん、建設的な変化という点で、新しいやり方を提案するのは良いことですが、数値的に説明できる定量的な改善ではなく、自分の知っているものかどうかだけで、良い悪いという判断をしてしまう人は、かなりの確率で孤立します。いつまでたっても新しい職場になじめず、周囲から敵視すらされてしまいます。そして、期待された結果も出せないとなれば、待遇も悪化していくかもしれませんし、最悪の場合、試用期間などがあれば、本採用すらしてもらえないことだってあります。

郷に入れば郷に従えということわざがあるように、まずは新しい職場のルールを真摯に学び、それを受けいれてそこからはじめるのが一番です。その上で、周囲との距離を詰めて、受け入れてもらってから、徐々に新しい価値を提供しいけば、結果という面でも、人間関係という面においてもより良い結果を出しやすくなるはずです。転職は新しい会社に勤めはじめたら成功というわけではありません。そこで活躍し、より良い評価をもらえてはじめて成功といえることを忘れないようにしましょう。

おすすめの記事