求人検索エンジンの「Googleしごと検索」の使い方と特徴

世界最大級の検索エンジンGoogleが満を持してスタートした求人検索エンジン

Googleといえば世界中で知らぬ人がいないほどの検索エンジン業界の最大手であり、いまはやあらゆる情報を利用するサービスについて取り扱う世界トップクラスのIT企業です。そのGoogleが求人を探しやすくするために、 2019年1月23日にはじめたサービスが「Googleしごと検索」です。機能としてはインターネット上の求人情報を収集して、一括で検索できるようにしてくれるというもので、Googleならでの便利な機能がたくさんついています。

Googleしごと検索を使うためにはGoogle検索で”求人情報”をキーワードに利用しよう

Googleしごと検索を使いたいと思ったらアクセスするのはまずはGoogleです。検索窓にキーワードを入力する際に、希望の条件に加えて求人情報と入力するだけで、検索結果上にしごと検索が表示されます。

この表示されたエリアをクリックすることでGoogleしごと検索専用の画面に移動することができます。

キーワード検索以外にも機能充実。求人検索の便利機能

移動した先では、キーワードで求人を検索できるだけでなく、いくつかの検索軸が用意されています。特徴的なものとしては最寄りの求人を探す機能で、今、あなたがいる場所をGoogleが特定し、その周辺の〇㎞以内の求人を探すといったようなことができるものがあります。それでは詳細をご紹介していきます。

絞込はキーワード以外には大きく4つの軸、カテゴリ、地域、投稿日、形態、企業といったものから行うことができるようになっています。カテゴリは一般的な求人サイトでいう業種や職種が表示され、地域は都道府県や市区町村、それに加えて、先ほども紹介した「今いる場所の周辺」で絞り込みができます。投稿日は求人が投稿された日から24時間以内、3日以内といった新着のものを優先してみたい場合に利用できるものとなっており、企業はそのまま求人している企業名で絞り込むことができます。

インターフェイスはページの移動がになく、たくさんの求人を高速で閲覧するのに適したものになっている

画面はとにかくたくさんの仕事情報を見る、探すを高速で繰り返すことができるように移動のないシンプルな形になっています。左側に求人一覧は表示されており、スクロールすることでどんどん求人が表示されます。気になったらクリックすればその求人の詳細情報が大きく表示されるといった具合です。もし、一覧をみていて良いものがなければ、検索キーワードを変更してENTERボタンを押すだけで一覧も更新されるようになっており、集中して高速に探すということが考え抜かれたデザインです。

レスポンススピードもindeedやcareerjetといった他の求人検索エンジンと比べるとかなり高速で、ストレスなく仕事探しに集中することができるサービスです。

Googleしごと検索の課題をあえていうとすれば画像がないこと

効率よく仕事を探すという点において不満がほとんどない求人検索エンジンではありますが、強いて課題をあげるとすれば画像の表示がないことです。日本の求人メディアの多くは、画像をうまく利用することで求人情報の魅力を伝えられるように工夫を凝らしているところも多く、どんな会社かを見極めるための材料の一つとして画像は大切な情報です。これが画面上で見ることができないというのは、少し惜しい点といえますが、そうした小さな欠点を補って余りある魅力がある求人検索エンジンです。

おすすめの記事