将来性抜群のWEBエンジニアという仕事。非エンジニアの人もまだまだチャンスあり。ゼロから始めて魅力的なキャリアを作っていこう!

インターネットの登場によってすべての業種がネットとの接続、そしてシステムによる効率化への取り組みが求められるようになった。Webエンジニアはこれから全ての業種で求められる仕事になる

プログラミング、システム設計等を行うITエンジニアのなかでも、インターネットを使ったサービスに関する開発を主に担当するのがWEBエンジニアです。厳密な定義はないため、求人などではプラグラマ、SEといった表記となる場合も多くなります。

このWEBエンジニア、一般的にはWEBサービスを提供する会社や開発会社、制作会社などで働く割合は多くなりますが、最近ではなぜこの企業が?と思うような業種の企業でも募集されることが増えてきています。インターネットは登場以降、多くの産業を通信によって働き方、業務の進め方を変えてきました。一見、そうしたテクノロジーの世界と縁遠そうな業種、企業においても、ネットは欠かすことができないものとなっており、幅広い業種でWEBエンジニアは求められています。

Webエンジニアの魅力は収入、そして将来性に加えてモノづくりの醍醐味と評価がわかること。お金も大切だけどやった結果が見える、使ってもらえているかどうかがわかるのは、仕事を継続していく上でとても重要

Webエンジニアという仕事の魅力はシンプルなものとして収入があります。非常に高額な給与をもらおうと思えば、努力は必要になりますが十分に可能であり、努力が収入という形でしっかり返ってくるというのは仕事という観点で魅力のひとつといえます。また、将来性についても前述のとおり、大変明るく、キャリアの選択肢としてあげるマイナスはほとんどありません。

さらにWEBエンジニアという仕事は、一般的なシステム開発と少し違うと違い、自分が開発したものがインターネットを通じて公開、利用されるという点があります。そして、その結果は様々なログやアクセス解析の数値などから数字で把握することができ、自分の作ったもの、関わったものの評価をはっきりと目にすることができます。収入、将来性に加えて、モノづくりの醍醐味、そして市場やお客様からの数字でのフィードバックを受けられるわけですから、継続的なやる気を作り出す仕組みが作られているともいえ、十分に魅力的な仕事といえます。

お金も当然大切なものではありますが、やはり頑張って結果を評価されたいと思うのは人間であれば当然のことです。あくまで数字としてではありますが、実際にどれくらいの人が使っているか、改善を入れた結果、どれくらい伸びたかなどが一目瞭然となるのは、モチベーションという点で大きなアドバンテージとなります。

ゼロからWEBエンジニアを目指すためには何からはじめるべきか?

これまでプログラミングやシステム開発などの経験がまったくないという人でも、WEBエンジニアを目指すことは十分に可能です。当然、ある程度の努力は必要になりますが、未経験、未学習からのスタートでもWEBエンジニアになって活躍している人たちはたくさんいます。ここでは様々な方法があるなかで、主要なルートをいくつかメリットやデメリット、特徴なども交えながらご紹介していきます。

とにかく独学+自分の興味があるものを作ってみる。学習と経験を積んでからWEBエンジニアの仕事に応募するというコース

活躍して高い評価と給与を手にしているWEBエンジニアが多いコースです。とにかくやってみる、好きなものを作る。できるまでやる。それを繰り返していく中で、わからないことが次から次へとでてきますが、それを独学で様々な領域に広げていき、気が付けば、ビジネスでも通用するレベルに達していたという具合です。そして、その後、求人に応募して、就業を通して実務でさらに能力を広げていきます。この方法の良い点はWEBエンジニアとして大成している人たちと同じコースであるということで、実際に働き始めた後も高い評価を得やすい人間になりやすいということが挙げられます。デメリットはモチベーションを高くもって努力を続ける必要があるということで、自分に厳しくするのが苦手という人にはあまり向きません。

この方法を行う上で一番のおすすめは、まず自分が好きなウェブサービスをみつけること。その上で、どんな機能があり、それがどうやって作られているのか、どういう動きをしているのか、データはどんなものが必要なのかを考えてながら、初心者向けのエンジニア本などを片手に、基礎学習をしながら、自分の理想とするものを手探りで作る、考えるということを繰り返すことです。もちろん簡単ではありませんが、自分がまったく興味がないものよりは、好きなものを作るというのは継続する上で大切なモチベーションになりえるので、まずは好きなものを探すことも大切です。

未経験者でも可!研修があるから大丈夫というシステム開発会社などに正社員として入社して働きながら学んでいくというコース

就業している人たちの割合で考えると多いのがこのコースです。お金ももらえて、しかも学べるなんて一見するとメリットしかないように見えますし、それは多くの人が選ぶはずではあるのですが、このコースにももちろん悪い点もあります。まずメリットは、収入が確保できるということと、さらに教えてもらえるということになります。デメリットはこの手のスタイルで募集をしている会社の多くが、エンジニア派遣を行っている会社か、もしくは魅力的な事業を手掛けていないために経験者採用が困難な会社、このいずれかの可能性が高いということです。

まずエンジニア派遣、通称SESとも呼ばれるものですが、これはすべての人にとってデメリットとはいえないかもしれませんが、エンジニアとして働いたことがある人たちからは、敬遠されることが多いものとなっています。まずSESというものを説明するためには、古くからあるシステム開発の世界におけるビジネスの仕組みを理解する必要があります。古くからあるシステム関連のビジネスの世界では、人月(にんげつ)とよばれるエンジニアを1カ月間、働かせる権利を販売する見積もり、契約の方式があります。3人を1カ月間働けるとなれば3人月、10人を5か月間働かせれば50人月というわけです。この方式を用いて受託開発、自社サービスをやっているような会社の場合は、見積もりで出した以上の期間がかかったとしても、多くの場合は自社の見積もりが不適切であったために赤字がでることになります。そうなると会社としては一大事ですから、なんとか期間内に終わらせるためのモチベーションがあり、創意工夫、そして良くも悪くもプレッシャーが生まれやすく、その結果、エンジニアとしては良い成長環境となる場合が多いわけです。

しかし、大きな案件を受注した会社から依頼された、エンジニアを送り出すだけの子請け 、孫請けのSES事業を行っている会社の場合は、この人月方式が恐ろしい結論を導き出します。まず、派遣したエンジニア全員が活躍してくれなくても売上は入ってくるため、本気で活躍できるエンジニアを用意する気が最初からなかったりする会社も多くあります。10人依頼されたが、いま6人しかいない。役に立たなくても4人を派遣して座らせていれば、4人分の売上が上がるという算段です。また、同時に完成させることにコミットする必要がないこともあり、本当にただ座っているだけということが許されることもあり、エンジニアとして仕事をしているように見せる技術だけが伸びていくというのは、実際にある話です。短期間だけ働くつもりなら、こうしたSESはむしろ歓迎かもしれませんが、能力、意識、経験、すべてが将来につながらず、むしろキャリアとしてはマイナスの評価を受けることもあります。SES出身のエンジニアは、いわれたらやりますというタイプの人に育ちやすく、また、達成意欲が低い人になりやしため、事業会社系のなどでは、選考の際にマイナス評価を受けることもあるわけです。

また、もうひとつの可能性としてありえるのが 魅力的な事業を手掛けていないために経験者採用が困難である会社です。こちらはその名の通り、自社サービスが魅力的でなかったり、業種が不人気でWEBエンジニアに関わらず人の採用に苦労している場合です。こうした会社の場合、会社そのものに問題があるわけではありませんが、長い目でみたときのキャリアという点では、プラスに働きにくいというのが少し残念な点であり、そうした意味でデメリットと考えることができます。

WEBエンジニアの多い会社で職種、雇用形態を問わずに働き、独学で勉強をしながらWEBエンジニア志望をアピールしつつジョブチェンジのチャンスを待つというコース

WEBエンジニアにいきなりなるのではなく、社内での部署移動、ジョブチェンジで目指すというコースです。すべての会社で使えるわけではありませんが、一定以下の規模、特にベンチャー企業などでは非常に有効な手法といえます。メリットはしっかりとWEBエンジニアの実態を見た上で自分がなりたい、目指したいものなのかどうかをわかったうえで、慣れ親しんだ会社でWEBエンジニアを始められるということです。デメリットはこうしたジョブチェンジの実績がない会社の場合に成立しないこと、そして社内でWEBエンジニアとコミュニケーションをとる機会が皆無である可能性もあることになります。

未経験からのスタートは簡単ではないが努力をするだけの価値がWEBエンジニアという仕事にはある

全くの未経験からはじめて、活躍して良い給料を手にするまでの道のりは遠いものですが、それでもそれだけの努力をする価値があるのがWEBエンジニアです。もちろん他の仕事と同様に、常に完璧な仕事で、何も不満などがないということはありませんが、少なくとも収入、将来性という点ではひとつ抜きんでている存在であることは間違いありません。これまでプログラマになることなんて考えたことなかったという人も、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事