プログラマーのための良い求人の見分けた方

プログラマーは求人企業の事業内容でキャリが大きく変わってくる。しっかり見極めて応募しよう

プログラマーとして良いキャリアを築いていくためには待遇面だけでなく、どんな事業を行っている会社かを見極めて、しっかりと選んでいく必要があります。会社選びを間違うと、肉体的な疲労だけがたまるだけで能力の向上やキャリアとしての上積みが全くないということが起こります。プログラマーといっても事業によって求められるもの、仕事内容や評価されるポイントは変わってくるため、そうした違いを理解していきましょう。

システムインテグレーターにおけるプログラマー

プログラマーを必要とする会社の中でも、最も募集が多いのはシステムインテグレーター、SIer(エスアイヤー)とも呼ばれる会社です。システムを開発、提供する会社で、事業内容は受託開発やエンジニア派遣と呼ばれるものになります。ホームページや会社案内では、ITコンサルティングというのを前面に出してくる会社も多くありますが、実態としては設計作業をそう呼んでるに過ぎない場合が多いので、注意してみる必要があります。

仕事としては顧客のために開発する作業を行う代行としてお金をもらうというものです。仕事の成果は作業をしたこと、もしくは約束したものを納品することで、その対価としてお金をもらうわけです。こうした会社の多くは、開発作業が主体となるもの、特徴のない会社の場合は先進的なものなどへの向上心がない場合が多く、また、同時にビジネス的な目標に対するコミットは低い場合もあります。

特にエンジニアが稼働さえしていればお金が入るというモデルともいえるため、無理に全員の能力を上げて、本気で成果を出さずとも売上が上がってしまうことがその要因ともいえます。1名の優秀なエンジニアを派遣して3カ月で終わらせるよりも、3人のほどほどのエンジニアを派遣して3カ月で終わらせた方が売上が大きいのです。もちろん、あまりにもひどい場合はお金をもらえませんので、最低限、許容してもらえるレベルで仕事をしようとはしますが、能力の有無にかかわらず派遣さえしていれば、1人分の売上が経つような場合、キャリアとして上積みが見込める経験を得られる可能性は極めて低くなります。特に2次、3次請負の立場の場合は、ただそこに居ることが求められるような場合や、炎上対応だけをひたすらやり続けるような場合もあるので要注意です。

受託開発はどうかというと、こちらは納品ができなければお金をもらえない場合が多いため、エンジニア派遣よりは納品に対するコミットメントが高い人が多く、仕事をしっかり終わらせるということを学びやすい環境といえます。ただ、案件を受注する営業や販路によっては、開発としての能力よりもディレクションとしての能力ばかりが上がっていくような場合も多くあるため、自社が顧客を持っているのかどうか、そして営業担当はシステムのことを熟知している人なのかどうか、同行はあるのかなどをしっかりと確認しておくと良いでしょう。もし、営業が単独で動き、さらにシステムについて詳しくないという場合、営業主体の会社であることもあり、受注を優先するために、エンジニアたちが苦労する条件での仕事が多いということも考えられます。プログラマーとして良い環境では、営業もシステムに詳しい、または同行して強い発言権があります。ここをしっかりチェックしましょう。

また、受託開発の場合、どの規模の仕事を、どれくらいの規模のチームで進めるのかによって仕事がかなり変わってきます。大きな仕事も小さな仕事も、それぞれいいところはあり、前者であれば大規模システムについての開発、設計、運用の経験を積むことができるというのが一番のメリットです。後者は小さい分、チームメンバーも少なくなり、ひとりでやることもありますので、ひとりで考えてやりきる能力を育てるのにはもってこいです。最近、需要が高まっていて人気の高いなんでもできるフルスタックエンジニアになりたいのであれば、そうした仕事が多い会社であれば良い環境といえます。

自社サービスを持つ会社におけるプログラマー

プログラマーとしては花形的な位置にあるのが自社サービスを持つ会社におけるプログラマーです。開発するサービス自体が商品であるため、自分たちで考えて作り上げていくことがしやすく、また、その結果が自社の業績に直結して見えてくるため、やりがいも感じやすい環境です。

特に新しいサービスであれば、ネットワークからプログラム言語、フレームワークにいたるまで、新しいトレンドを取り入れた環境で開発ができる場合も多く、時代に即した技術を比較的学びやすい環境といえます。ただし、これは技術部の上級役職者の人たちの傾向によって大きく変わってくるため、どういった人たちが率いているのか、そしてその結果、どんな環境で開発をすすめているのかをしっかり確認するのがおすすめです。この時代になぜそれを採用するのかと疑問に思うような環境の場合、上級役職者の偏愛によるものである場合や、会社として外からはわからない特殊な事情で技術的制約が課せられているという場合もあります。こうした点をしっかりとチェックしておきましょう。

ひとつ気がかりとして残るのは、自社サービスの会社の場合、サービスが外れた場合に業績的がそのまま下がり、雇用の安定性という面で疑問が出る場合が多いことです。ゲーム業界などがわかりやすい例になりますが、当たればとんでもなく利益がでる一方、はずれた場合、ユーザ離れが起き始めた場合、売上の減少はすごい勢いで進んでいきます。特に一般消費者向け(C向け)の場合は、その落差が大きいため、そうした点は十分に考慮した上で求人を選んでいきましょう。

非システム事業をやっている会社における社内システム部のプログラマー

事業内容をみたときに何故この会社がプログラマーを募集するのだろうかと疑問に思うような会社が求人していることもあります。この場合、ほとんどは社内システム部における募集であり、会社のなかの基幹システムをはじめとした、業務管理上、必要となるシステム類の保守運用に近い開発や、働く人たちの業務負担を減らすためのシステム開発を担当するというのが一般的です。

この場合、プログラマーとして良い点はプレッシャーが少ないことが多いということです。悪い点は成長できる環境である可能性が低いということとです。開発の見積もりでどれくらいのスケジュールでできるかを聞かれた場合も、多めにいっておいてもそういうものだと思ってくれる場合もあるため、比較的、プレッシャーが少ない環境を作りやすい点は良い点です。ただし、成長につながる刺激や勉強になる情報を得られることは少ないため、向上心がある人には向いていない環境ともいえます。

また、プレッシャーが少ないことをいいことに、常にのんびりした日程で横柄に対応をしていると、社内の人たちもさすがに気が付きます。「あそこに頼むと仕事が遅い」とわれはじめ、外部のシステム開発会社に依頼し始めるというのはよくある話です。これが常態化すると、社内システム部の存在意義を問われることにもなり、悪い評価を受けることになってきますので、ゆとりに甘えず、適正さを保ち続ける必要があります。

求人企業の事業内容によって全く変わってくるプログラマーとしての経験

同じ開発をするプログラマーの求人であっても、会社の事業内容によってやること、学べること、そしてデメリットもまったく違ってきます。それぞれ良い点、悪い点がありますので、どれが自分にとって最も良い環境かをしっかりと見極めていきましょう。

おすすめの記事