仕事がつらい!辞めたい!と思ったらまずは10年後を考えてみよう

みんな仕事はつらいもの。重要なのはつらい思いをしたその先に何があるか

多くの仕事は肉体的にも精神的にもつらい部分がついてまわるものです。当然、定期的に仕事を辞めたいと思うこともあるでしょう。そんなことを考えるなんてけしからんという人もいますが、思うこと自体は何も悪いことではありません。ただ、つらい思いをした瞬間に、すぐにすべてを投げ出してしまうのはあなたの未来にとって良いことでありません。

仕事がつらい時、つらいことから逃げ出すために会社を辞めてしまうというのは、少しだけ冷静になる必要があります。きっと、転職しても仕事である以上、少なからずつらいことはあるからです。もちろんつらいことに耐えるべきだということでもありません。あなたにとって良いことがないのであれば、辞めてしまうべきです。重要なのはつらいかどうかよりも、つらい思いをしたその先に何があるかということです。

もし、つらい思いの先にバラ色の未来がまっているのだとしたら、それは耐える価値があります。でも、耐えたところで収入などの待遇も、自分の人生における満足感も得られるものがないのだとしたら、つらい思いを耐えるところではありません。

つらいと思ったら最初に10年後を考えてみよう !あなたの人生にプラスになる仕事であればつらくても耐えるべし

一度いやだなと思い始めたら、多くの人はその思考にとらわれてしまい会社を辞めたい気持ちがとまらないという状態に陥ります。でも、そんな時も感情だけでなく合理的に”あなたの未来に役立つのか”をしっかり考えてみ迷う。まずつらいなと思ったら、一番最初に10年後を考えてみましょう。その仕事を続けていった先に何があるのか、何が得られるのかです。つらい思いを耐えた後、その先にある収入、地位などを考えてみた時にプラスが見込めるのであればいまの気持ちに蓋をしてがんばってみるべきです。でも、10年後を考えても何も変わらないと思えるのであれば、つらい思いに耐える価値はないはずです。

転職して今よりも本当に状況が良くなっていくのか。転職後の10年先も考えてみよう

もし、今の仕事を続けていってもつらい仕事に耐える価値がないという結論に達したのであれば、転職後についても考えてみましょう。どういった会社、業界に転職をしたいのか。そしてそれが実現した後、実際に働き始めて10年後、どんな状態になるのかをできる限り鮮明に考えてみましょう。どういうことを要求されるのか、それに応える負担はどの程度か、人間関係が悪いとしたらどういう状況になるのかというように、ひとつひとつ丁寧にしっかりと想像していきましょう。

転職後の10年先が今の仕事で考えたときよりもずっと良いと思えるのであれば転職タイミングです。でも、そうでないとしたら、少し冷静に考えるのは悪くはないはずです。つらいと思ったら、10年後の自分をまずは考えるところからはじめてみましょう。

おすすめの記事