競争のための競争を行っている会社で働くと必ず疲弊する。価値を作り出すことを目指す会社で働こう

働く人にとって良い会社は、社会にとっても良い会社である

みんな働くなら良い会社が良いと思っています。しかし実態は良い会社がどんな会社かもわからず、オフィスがきれいだから、給料が高いから、大手だからと目につきやすいポイントを求人を検討している人がほとんどです。たしかにこうした条件は魅力的ではありますが冷静に考えてみると、それは会社にとって良い条件である場合がほとんどで、働く人にとって本当に良いかは考えてみる必要があります。

安定しているのは会社であって、働く人は本当に安定しているんだろうか。オフィスはきれいだけど、働いている人たちの自宅はすてきだろうか。給与は高いけれど、それに対して求められる働き方は、適切な範囲なのものだろうか。

これだけが手にできれば良いという、とがった目標をもった人であればこうしたものは問題になりませんが、バランスよく人生を堪能し、仕事もほどほどで行きたいと思っている人にとってはこうした基準で求人探しをするのは危険です。では、どういったところをみていけばいいのか。それは社会に価値を提供している会社かどうかというところです。多くの場合、社会にとって良い会社というのは、働く人にとっても良い会社だからです。

一番気を付けるべきは競争のための競争をするだけの会社

ここでいう社会にとって良い会社というのは、競争に勝つことだけを最優先の目的としない会社を意味します。ビジネスは市場の中で競争をしているのが普通であり、競争を目的としないというと少し複雑に思われるかもしれませんが、「競争に勝つことを目的に競争している会社」と「価値を提供するために市場内で競争をしている会社」は全く異なるということです。

前者は価値を提供するための工夫をいれずに、労働者の労働時間、販売価格などのみによって競争に勝とうというものです。こうした方法では、過当競争に陥りやすく、適正利益は確保ができません。そして適正利益が確保できずに経営していると、多くの場合、 無理な資金調達、借入などでまかなっている場合が多く、最終的にどこかで返すための無理が必要になります。 その時の無理は必ず従業員に帰ってきます。 いうなれば、損をしてでも、従業員がつらくとも、とにかく競争に勝とうとする会社です。こうした状態を競争のための競争と呼び、こうなってしまうと働く人たちにとって幸せな環境はなかなか作ることができません。

それに対して価値を提供することを目的とし、そのために競争をしている会社は、適正利益を守りやすい場合が多く、結果として働く人たちが疲弊しにくい環境が作られやすい状態にあります。

良い会社を探しているのなら、まず社会にとって良い会社を探してみるところからスタートしてみましょう。

おすすめの記事