内定、入社をゴールにしてはいけない。働き始めた後を考えて転職活動しよう!

就職や転職ではどうして内定を取るに集中するのは危険。合わない会社の内定は不幸の始まり

就職や転職活動を行っていく中で、みんなが欲しいのは当然、意中の企業からの内定です。でも、なかなかうまくいかない、結果が芳しくない日々が続くとどこでもいいから入りたい、内定がほしいという心理状態に陥りやすくなります。とにかく内定を手にするために、履歴書や職務経歴書、面接といった場では過大な説明をして盛ってしまったり、という状態に陥る人は少なくありません。こうした結果、内定を手にすることはできるかもしれませんが、冷静に考えてほしいのが入社をした後のことです。とにかく何でもいいからすぐに働かないといけない、収入が欲しいという場合もあると思いますが、変な会社に入ってしまったら肉体的にも精神的にもきびしくなり、得られる収入以上に、失うものが増えることだってあります。もし、入社を目的に自分の能力、価値観、経験などに嘘をついて内定を手にした場合、入社後に期待される仕事はあなたにとってとても大きなストレスのあるものになるに違いないはずです。それが少しきついけれども乗り越えられるようなレベルのものであれば良いのですが、もし耐えられずに精神を病んで、しかもすぐに退職してしまったとしたら、残るのは「すぐに辞める人」という経歴と「仕事ができない精神状態」だけです。

必要以上に求人企業に合わせて嘘をつくのは入社後の悲劇を生むことに。嘘をつかずとも内定をもらえる自分にあった会社を頑張って見つけよう

書類審査、面接、内定を手にするまでにいくつも審査はありますが、そうした審査で通るためだけに自分に嘘をつきつづけると、文化、価値観、人間性などあわない人たちのなかで働き続けることになります。もちろんありのままの姿で受け入れてもらえるということも、仕事ということを考えるとなかなかありませんが、必要以上に自分を偽ることは不幸のはじまりです。

内定は当然手にしたいものですが、入社した後も仕事をすることが苦ではない状況を作ることを意識し、自分に本当にあった会社を探していきましょう。社会一般、周囲の人間たちがいう良い会社が、あなたにとって良い会社とは限りませんし、働ければどんな会社でも幸せになれるというわけでもないからです。

おすすめの記事