すき家のアルバイトの密かなウリは「まかない」?すき家の求人の実態と待遇

ブラック企業の代名詞のようにたたかれたすき家。そもそもなぜ叩かれたのか?何が問題だったのか?

数年前までブラック企業、ブラックバイトの代名詞のように叩かれた牛丼チェーンのすき家。当時、何が問題になったのかというとひとりで店を切り盛りする、通称ワンオペでこれが過酷で耐えられないとするバイトの人たちが続出し、それにネット、そしていろんなメディアが乗っかった結果、大騒動に発展しました。これによってアルバイトをやめた人もいたわけですが、それでも継続して働いた人も当然いたわけで、現在まで大きな問題になることなく、そして大量に閉店などすることもなく続けていけているのがすき家です。

当然、過酷な面があったのは間違いないわけですが、耐えられる人もいた、そして残った人もいた、さらにえばお店は残ったという事実を考えれば、どうしてあそこまでの問題に発展したのかはメディアやネットの特徴を少し踏まえて考慮する必要があります。

どんな環境でも不満を持つ人は必ずいますし、どんな会社にもつらいところはありますし、メディアは注目さえ集まればなんでもいいというビジネスであるということも考えていけば、以前のことをどうこうというよりも、今のすき家はどうなのかをしっかりと考えることこそが重要で、それはきっと良い求人に出会うチャンスを広げてくれるはずです。

今のすき家のバイトのウリはまかない?それもあるけれど騒動を通して改善を続けた結果の”全般的にまとも”であるということ(良い意味で)

では、いまのすき家やどうかというと、仕事である以上、楽なことばかりではないし、いいことばかりではないれどアルバイトとして考えれば非常にまともな待遇、環境が整っており、かつ多くの人が口にするまかない(食事補助制度)があることは魅力的な求人といえます。アルバイトの募集ページでも、しっかりとアルバイト専用のFAQページも用意されており、そこにいろいろとしっかり明言されています。あいまいにしないのは、過去のいろいろがあったからと考えれば、あの事件も無駄ではありません。というよりも、むしろ一般的なアルバイト求人と比べると相当にクリーンな状態です。

すき家といえばまかない、というくらいアルバイトの人たちの間では密かに有名なことではありますが、これは正確には食事補助として運用されている制度で、もちろんあの牛丼にも適用されます。安く、牛丼を食べたいという人たちにとっては魅力的な仕事といえます。

時給だって悪くない!東京都内だと深夜は1500円弱。昼間でも1100円以上も!

待遇のなかでもやっぱり一番気になるのは給与。アルバイトであれば時給というのはみんなが気になるところですが実はすき家は飲食系のアルバイトなかでも低くはありません。居酒屋などと比べると見劣りする時間帯もありますが、 都内であれば1100円以上、深夜なら1500円弱にいくところも多くあります(二子玉店の例:時給 1,150円~ 1,440円、深夜時給 1,440円、高校生時給 1,050円)

給与の数字と業務の大変さの両方で考えるのが、仕事を探している人たちの目線だと思いますが居酒屋などのお酒をメインに取り扱うところと比べればストレスは比較的に低いとも考えられますし、そう考えると給与は高いともいえます。当然、お店によって混雑状況なども違うため、ここはお店次第ともいえそうです。アルバイトを考えている人は、応募を考えている店舗を希望の時間帯に訪れてみるといいかもしれません。

待遇面で考えるとすき家のアルバイトはGOOD

印象というのは簡単にかわるものではありませんので、どうしても引きずれれてしまうこともあるかもしれませんが、待遇面でフェアにみていくと良い部類に入るすき家のアルバイト。食事代を節約したい、そんな気持ちをもっている人ならさらに魅力が増す条件になっています。気になる方は公式のアルバイト求人サイトがあるのでぜひのぞてい見てください。

おすすめの記事