仕事に求めるものが多すぎると失敗する。就職するにあたって自分のなかで優先順位を決めよう

仕事をするといっても選択肢はたくさんあります。コンビニエンスストアのアルバイトから商社で穀物の権利を契約する正社員まで、雇用形態、職種、業種、働く場所など様々です。まず最初に多くの人が気にするのは給料だと思いますが、給料ひとつとっても選択肢は様々です。なんとなく正社員で働けばいい、大きな会社に入れればいいと思っているだけでは、良いキャリアは作ることができませんし、何より自分が満足できる人生を歩んでいくことは難しいでしょう。後悔しないための職業選択の考え方について考えていきます。

職業選択は人生の選択である。人生を決めるためには、どんな人生を歩みたいのかを考える。職業選択はその結果である

小さなころから明確なキャリアビジョンをもって努力を続けてきた人は滅多にいないはずです。一部のプロスポーツの世界などの例外はありますが、多くの人は就職を意識し始める大学生の3年生前後、そして進路を消える高校2年生くらいからでしょう。いままで考えたこともなかった職業選択を迫られたとき、多くの人はそもそも知識がないなかで答えを出そうとするので自分が知っている仕事を口にします。その結果、就活生の人気ランキングなどを見ればわかりやすいのですが、名前を知っているところがずらっと並びます。自分にとって良い会社か、良い仕事かではなく、知っているかどうかの範囲でしか考えられていません。小学生の将来なりたい仕事のアンケートなどもまったく同様で、みんなが生活しているなかで接点があり、認知している範囲が、選択の限界となっているわけです。大学生やいい年齢の大人たちが小学生と同レベルでいいわけがありません。しっかり正しい行動をとり、適切な職業選択ができるようにしましょう。

まず職業選択のために必要な工程は大きく2つ。1つは自分がどういう人生を歩みたいのか、そして2つ目は世の中にはどんな仕事があり自分の人生にもっとも適したものは何か、この2つの作業を行っていくことで、あなたの職業選択は成功にぐっと近づいていきます。

手にいれると必ず失うものがある。これさえ手に入れられれば他は失っても我慢ができる。それがわかればあなたの職業選択は成功に近づく

多くの人が思い描く良い仕事は、短時間の労働で高収入がもらえて、しかも安定していて長期間にわたって働き続けられるというものです。たしかに理想的かもしれませんが、残念ながら世の中に存在しないものを思い描いても手に入ることはありません。しかし、「短時間だけの労働で済むなら他の点は我慢ができる」であったり「収入は高くなくてもとにかく数十年にわたって働き続けられればいい」であったりと、ひとつの願いがかなえられればいいとなれば、十分に達成できるはずです。

大切なのは人生で大切にしているものの優先順位です。多くの人がお金を欲しがるのは、消費する自由を手に入れるためであり、消費に対するストレスを減らすことができるという利点があります。もし、お金だけが目的でれば、相当の努力をすればきっと手に入れられる仕事はあるはずです。もちろん失うものもたくさんありますが、ひとつのことに集中すれば、それを目標として絞ることができれば、達成確率は相当に高まります。

就職活動で失敗する人の多くは、すべてを手に入れようとしがちです。お金、時間、名声、安定、将来性と多岐にわたる点ですべてで100点を取りたいと思って行動すれば、まず対象となる企業が存在しない、又はほとんどないことに驚くことでしょう。そして次に恐ろしいほどの競争倍率で内定をとるためのストレスで嫌になることでしょう。そしてその企業と比べてしまえば、どの企業も格下の企業に見えてきて就業意欲などわいてくることはないでしょう。

職業選択に限ったことではありませんが、人生は選択の連続です。選択の際に重要なのは、これさえ手に入れられれば満足だという、ただ1つの満足すべき目標を持つことです。完璧をもとめた瞬間に、あなたも完璧を求められれ、結果として幸せは遠のいていくことでしょう。

目標がぶれることで多くの人は転職を繰り返す。ぶれない目標をつくるためにはライフプランをしっかり定めよう

とにかくつらいのは嫌だから、楽な仕事でプライベートの時間をしっかり確保できる職業がいいと決めたとします。しかし、実際にそうした仕事についても、しばらくするとやはりお金もほしいという気持ちがわいてきます。そこで給与の条件が良いところに転職するわけですが、今度はしばらくするとお金は増えたけれどやっぱりつらいとなります。そこでまた転職を目指します。今度はお金は現状のままで、仕事が楽なところを探し始めることになります。その次はやっぱりもっとお金がほしい、その次は楽なところがいい、これを繰り返していくことで最終的にキャリアは破綻していきます。

読んでいればわかると思いますが、実は要求がどんどんエスカレートしていっているのですが、そういった状態に陥ってることにほとんどの人は気が付きません。多くを求めれば破綻が待っているというのはわかっているのにです。

こうした事態に陥らないために重要になってくるのが人生計画です。最初はお金はいらないと思っていてもそのうちお金が必要になる事態が発生すれば、キャリアプランも変わってきてしまうからです。その代表的なものとしてあるのが結婚、出産、子育て、そして病気に介護です。これらのライフイベントは少なからずすべての人に起こることです。それをしっかりと見越したうえで人生に必要なものを見定めておくことで、途中で求めるものがかわっていくという残念な事態を防ぐことができます。

職業選択の際に知名度の高い会社、良く知っている職種に意識がいきがちですが、それがあなたにとってベストなもので確率はそれほど高くはありません。成功確率を高めるためにも、ぜひ一度自分の人生プランを考えて、職業選択を行ってみてください。

おすすめの記事